洋画として国内初の市販作品

SPE、Blu-ray 3Dソフト「くもりときどきミートボール」「モンスター・ハウス」を9月17日に発売

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2010年08月06日
ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント ホームエンタテインメント部門は、洋画作品として国内初の市販Blu-ray 3Dソフト 2作品を9月17日に発売する。

『くもりときどきミートボール IN 3D』

『モンスター・ハウス IN 3D』

発売するのは『くもりときどきミートボール IN 3D(Amazon)』『モンスター・ハウス IN 3D(Amazon)』の2作品。販売価格はそれぞれ3,480円(税込)。

Blu-ray 3Dソフトは2D再生にも対応しているため、既存の2D専用BDプレーヤーでも再生が行える。

SPEでは、今秋から3D BRAVIAなどのソニー製3D機器との共同プロモーションを行い、3Dの普及・促進を行うほか、「今後も新作・旧作のBlu-ray 3Dソフトを続々と発売する予定」としている。

関連記事