「PlayStation Plus」にも対応

SCE、PS3のシステムソフトVer 3.40を公開 − 動画編集やアップロードが可能に

ファイル・ウェブ編集部
2010年06月29日
ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PS3向けの新システムソフトウェア「Ver 3.40」アップデートを開始した。

新ソフトでは、新たにDeep Color出力の設定が可能になり、テレビが対応している際にDeep Color出力を有効にする「自動」と、同出力を無効にする「切」が選択可能になった。

また、新たに動画ファイルの編集が可能になった。編集ではカット編集が行えるほか、テキストの挿入や、BGMの追加などが行える。また、複数の動画ファイルを1つに結合することもできる。

動画ファイルの編集が可能になった

さらに、動画ファイルはFacebookやYouTubeへアップロードすることも可能になった。ただし、システムソフトを3.40にアップデートする前にHDDに保存した動画や、著作権保護された動画ファイルは編集/アップロードできない。

「フォト」機能も拡充し、[フォトギャラリー]にPlayStation Networkエリアを追加。FacebookやPicasaの写真を見たり、写真をPSNのフレンドと共有することが可能になり、コメントなども記入することができる。

そのほか大きな変更点として、PlayStation Networkの定額制サービスパッケージ「PlayStation Plus」(関連ニュース)に対応した。

「PlayStation Plus」に対応

同サービスは30日間の利用権が500円、365日間の利用権が5,000円で提供され、特定のゲームを試遊できるサービスや、新作ゲームや体験版、ビデオコンテンツを、一般配信日よりも早く利用できるサービスなどが利用できる。また、本サービスに加入すると、ゲームのアップデートやシステムソフトウェアアップデートを自動で行う機能も使用可能になる。

関連記事