ウッドコーン・コンポ「EX-A150」の試聴会も

JVCケンウッド丸の内ショールーム、6月は音壁アイドル、原めぐみのライブなどを実施

ファイル・ウェブ編集部
2010年05月28日
ビクター・JVC及びケンウッドブランドの新商品体験や各種イベントを楽しめる「JVCケンウッド丸の内ショールーム」(旧名称:ケンウッドスクエア・丸の内)。6月はウッドコーン・コンポ「EX-A150」の試聴会や音壁アイドル、原めぐみのライブなどを実施する。


「ウッドコーン・コンポ特別試聴会」〜プレミアムモデル「EX-A150」の魅力〜

・日時:6月4日(金)18:30〜19:30(開場18:15)、6月5日(土)13:00〜14:00(開場12:45)

・JVCケンウッドからのコメント:
ビクターWEBショップ「VICTOR DIRECT」の限定モデル「ウッドコーン・コンポ プレミアムモデル「EX-A150」の特別試聴会。木の振動板を使った美しい音色を響かせるEX-A150の魅力について、開発秘話を交えながら説明し、音の良さをご体験いただく特別試聴会です。今回はシングルコーン・システムのトップグレード「EX-AR7」との比較試聴もいくつか行います。なお、ご来場頂いた方でお申込み頂いた方にはご成約記念として豪華記念品をご用意しています。
※通常CDと高音質CDとの試聴比較も予定しております。

※予約受付中

「Pied Piper Days-ようこそ夢街カフェの指定席へ」第39回
『村松邦男さん(R・O・M・A/ex:シュガー・ベイブ)をお迎えして』


・日時:2010年6月5日(土)16:00-19:00(開場15:45)
・出演:長門芳郎(Believe In Magic)、土橋一夫(Surf's Up Design/原盤制作ディレクター)
ゲスト:村松邦男(R・O・M・A/ex:シュガー・ベイブ)

・土橋一夫氏のコメント:
この「Pied Piper Days」は、FM番組「ようこそ夢街名曲堂へ!」でも共演する長門芳郎+土橋一夫が、洋楽・J-POPSを問わずその時々に合った気になる曲を、お喋りと共に選りすぐりでお届けする音楽イベント。さて今回は、元シュガー・ベイブのギタリストで、現在はR・O・M・Aを率いて活躍中の村松邦男さんをゲストにお迎えしてお送りします。これまでのR・O・M・Aとしての活動の総集編的なアルバム『BOX of VOX complete』のリリースを記念して、この制作過程について、それから今年デビュー35周年を迎えたシュガー・ベイブ時代の活動についてなど、色々とお聞きします。さらに7月に来日公演が予定されているハース・マルティネスのライヴ予習編や、恒例のリイシュー盤や新譜情報、試聴など、ここだけの濃い内容もご用意して皆様のご来場をお待ちしております。

※予約受付中

「音質マイスター講座」Vol.41
『凄い!45回転アナログ盤をESULEで聴こう』


・日時:6月9日(水)19:00-20:30(開場18:45)
・出演:萩原光男(ケンウッド音質マイスター)

・JVCケンウッドからのコメント:
今回も益々大好評につき、高性能CDシステムESULEにアナログプレーヤーを接続し、レコードを試聴します。入手困難なJAZZやクラシックの45回転レコード盤を取り揃え、楽しみたいと思います。ESULEの実力が発揮されます。JAZZ専門雑誌「スイングジャーナル」の今月のゴールドディスクやクラシック専門誌「レコード芸術」の特選盤コーナーもございます。

※予約受付中

デイライト・イベント
『バリアフリーCDコンサート』〜XRCDで鮮やかによみがえる世紀の名演奏〜


・日時:2010年6月12日(土)13:00-14:00(開場12:45)
・出演:麻倉怜士(デジタルメディア評論家)/杉本一家(JVCマスタリングセンター)

・JVCケンウッドからのコメント:
スタジオで聴く音に限りなく近い音質を、音楽好きの皆様にお届けする目的で開発された「XRCD」。CDでありながらCDをはるかに超える音質は、感動を呼べる音として評価を戴いています。JVCケンウッドは、そのXRCDを、バリアフリーの解説書(点字・大活字)付きでも発売しています。その音質を楽しんで戴こうと、特に視覚に障害をお持ちの方の為に「バリアフリーCDコンサート」を企画しました。デジタルAV評論家の麻倉怜士氏と、世界的なマスタリングエンジニアの杉本一家氏が、レギュラーCDとの比較視聴を含めてご案内致します。ぜひ素晴らしい歴史的な名演奏ををお楽しみください。

※予約受付中

トワイライト・ライブ&トーク
『Wall of Soundのトビラを開けた音壁アイドル、原めぐみ』


・日時:6月15日(火)19:00-20:00(開場18:45)
・出演:原めぐみ(ポップスシンガー)/中村俊夫(音楽プロデューサー)

・JVCケンウッドからのコメント:
1981年にアイドルとしては珍しいフィル・スペクターばりの「ウォール・オブ・サウンド(Wall of Sound)」アレンジの曲「見つめあう恋」をリリース。当時音壁マニアたちの注目を集めた原めぐみが30年の時を超えて、新曲「トビラ〜EVERLASTING LOVE〜」で奇跡の復活。プロデューサーの中村俊夫氏とともに「ウォール・オブ・サウンド」の魅力について語ります。後半は原めぐみのスペシャルライブでお楽しみ下さい。CD即売&サイン会も予定しています。

※予約受付中

トワイライトイベント<MPCJスペシャルVOL.13>
『“福井ともみ”とすごす、ジャズな夕べ』
〜Newアルバム「アット・ザット・モーメント」発表記念ライヴ&トーク〜


・日時:2010年6月24日(木)19:00-20:00(開場18:45)
・出演:福井ともみ(ピアノ)/横山裕(ベース)、岩浪洋三(音楽評論家)
・MC:Mike Koshitani

・JVCケンウッドからのコメント:
ジャパニーズ・ジャズ・シーン期待の女性ピアニストとして多くのファンの注目を集めている福井ともみ。ライヴ・ハウスを中心に精力的に活動しています。2006年にロサンゼルスでスタン・ギルバート、ラルフ・ペンランドを従えてファースト・リーダー・アルバムをレコーディング。近年はソングライティング、アレンジメントなどサウンドクリエイターとしても頭角を現してきています。そんな彼女がニュー・アルバム『アット・ザット・モーメント』を発表。スタンダードからオリジナル、そして日本楽曲など実に素晴らしい演奏を聴かせているのです。その新作をフィーチャーしたライヴ&トークイベント。彼女の才能を高く評価し、アルバム解説を担当しているジャズ界の重鎮、岩浪洋三氏も応援にかけつけます。お楽しみください!

※予約受付中

【問い合わせ先】
JVCケンウッド丸の内ショールーム
TEL/03-3213-8775
関連リンク

関連リンク

関連記事