3月15日から開始

主要民放ラジオ局がPCでラジオ放送を試聴できる「IPサイマルラジオ」を試験配信

ファイル・ウェブ編集部
2010年02月24日
TBSラジオ、ニッポン放送ら主要民放ラジオ局が参加するIPサイマルラジオ協議会は、地上派ラジオ放送を同時にインターネットストリーミング配信する「IPサイマルラジオ」の実用化試験配信を3月15日より開始すると発表した。


サイトイメージ
試験配信は、通常のインターネットラジオ(独自コンテンツの提供、試聴エリア制限なし)と異なり、在京民放ラジオ7局、在阪民放ラジオ6局の地上波ラジオ放送をCMも含めてそのまま同時放送するというサイマルサービス。本サービスを提供する地域は、放送エリアに準じた地域に限られる。サービスは無料で利用でき、登録などの手続きも不要。

高層建築、モーターなどの雑音源の増加によりラジオの聴取環境が悪化しているが、本サービスにより、ユーザーはPCで雑音のないラジオ番組を聴取できるようになる。

■試験配信期間(予定)
2010年3月15日〜8月31日

■配信サイト
http://radiko.jp/

■試聴できるラジオ局
<東京エリア>
TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、interFM、TOKYO FM、J-WAVE
配信地域:東京、神奈川、千葉、埼玉

<大阪エリア>
ABCラジオ、MBSラジオ、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA
配信地域:大阪、京都、兵庫、奈良

関連リンク

関連記事