LEDバックライト液晶を搭載し省エネ駆動も実現

東芝、DVDプレーヤー内蔵の12V型ポータブルテレビ“ポータロウ”を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月12日
(株)東芝は12V型LEDバックライト液晶を搭載した、DVDプレーヤー内蔵ポータブルテレビ“ポータロウ”「SD-P12DT」を2月1日に発売する。


グロッシーブラック

ポーラーホワイト
本機の価格はオープンだが、50,000円前後での販売が予想される。カラーバリエーションはグロッシーブラックとポーラーホワイトの2色。本体の突起部を含む厚さを73mmとしたスリム設計も特徴のひとつ。


卓上にたてて視聴も楽しめる

スリムなデザインを実現
本体搭載の液晶ディスプレイ部は12V型で、LEDバックライトを搭載。解像度は1,366×768画素のハイビジョン対応となる。フルセグの地上デジタルチューナーを内蔵しており、最大5チャンネル同時表示の番組表や字幕放送にも対応している。

本体にはDVDプレーヤーも内蔵し、市販のDVDパッケージソフトやレコーダーで録画したDVD-R/RWディスク(ビデオフォーマット/VRフォーマット)の再生が可能だ。またCD-R/RWに記録したMP3/WMAの音楽ファイル、およびJPEG静止画の再生にも対応する。本体にはヘッドホン端子も付いている。さらに本体にSDカードスロットを設けたことにより、カードに記録したMP3/WMA、およびJPEGファイルの再生も行える。

本体にDVDプレーヤーを内蔵

付属のバッテリーパックで連続約4時間の再生が可能。ACアダプターも付属する。また動作時の消費電力は、同社従来機種と比べて約35%の省エネ駆動を実現している。

【問い合わせ先】
東芝DVDインフォメーションセンター
TEL/0120-96-3755

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルポータブルDVDプレーヤー
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番SD-P12DT
  • 発売日2010年2月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
●受信チャンネル:地上デジタル放送VHF(1?12ch)、UHF(13~62ch) CATV(C13?C63)?CATVパススルー対応 ●再生可能メディア:DVDビデオ、DVD-R/-RW(VRモード/Videoモード、CPRM対応) ●画素数:1,366×768ピクセル ●専用バッテリー:リチウムイオンバッテリーパック ●入出力端子:AV入力小型端子(φ3.5mm)、AV出力小型端子(φ3.5mm) SDカードスロット端子 、ヘッドホン端子、アンテナ入力端子 ●外形寸法:342W×326H×73Dmm ●質量:2.8kg(バッテリー含む)

関連記事