進化したダイナミックフォト対応機も

米Casio、デジタルカメラEXILIM新モデルを発表 − 40枚/秒の高速連写機能モデルなど

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月08日

今回発表された新モデル
Casio America, Inc.,とCasio Computer Co., Ltd., は、HIGH SPEED EXILIMの新モデル「EX-FH100」と、ダイナミックフォトに対応した「EX-H15」「EX-Z2000」「EX-Z550」の計4つのデジタルカメラ新製品を発表した。

EX-FH100は撮像素子として1/2.3型CMOSを採用し、1,010万画素の撮影が可能。ファイル方式はJPEG、RAW。光学10倍レンズを搭載している。特徴は、これまでで最速となる1秒間に40枚の撮影を可能にした点。1,000fpsの高速動画も撮影できる。また、AVI方式の720p動画撮影も可能。

EX-H15、EX-Z2000、EX-Z550は、進化したダイナミックフォト機能に対応したデジタルカメラ。切り抜いた動画を、同様に切り抜いた他の動画の上にも貼り付けられるようになった。また、最新の画像プロセッサー「EXLIMエンジン5.0」を搭載。画像処理速度がこれまでの30%向上し、色再現力やノイズ除去性能がアップしたという。そのほか、シーンを判別して自動で最適な写真を撮影できる機能や、撮影した写真を手書きの水彩画やクレヨン画のように変換する「Art Shot」機能なども搭載している。

EX-H15は有効1,410万画素。広角24mm、光学10倍ズームのレンズを搭載。3.0インチの液晶ディスプレイを備えている。CCDシフト式手ブレ補正機能やバッテリーの保ち(1回の充電で1,000回撮影が可能)など、スタンダードな性能を進化させたモデルとのこと。

EX-Z2000はこちらも有効1,410万画素。広角26mmで広角5倍ズームレンズを搭載。ディスプレイは3.0インチ液晶。CCDシフト式手ブレ補正機能やバッテリーの保ち(1回の充電で580回撮影が可能)を向上させている。特徴はデザインで、ナチュラルなカーブを描くフレッシュな新デザインを採用したという。

カラーバリエーションはブラック、シルバーに加えピンク、レッド、ちょっと珍しいバイオレットを用意。

EX-Z550も有効1,410万画素。広角26mmで広角5倍ズームレンズを搭載。ディスプレイは2.7インチ液晶。CCDシフト式手ブレ補正機能やHD動画撮影機能を搭載している。

カラーバリエーションはブルー、ブラック、シルバー、ピンク、レッド。

関連記事