“カロッツェリア”2010年度ラインナップ

パイオニア、カーオーディオ新製品7モデルを発売 − 薄型&高音質の「HVT方式」採用サテライトスピーカーなど

ファイル・ウェブ編集部
2010年01月07日
パイオニアは、カー用品向けブランド“カロッツェリア”の2010年ラインナップを1月下旬より順次発売する。発売するのは薄型・高音質のHVT方式を採用したサテライトスピーカーやパワーアンプなど計7モデル。

■サテライトスピーカー
TS-STH1000 ¥42,000(税込) 2月上旬発売


TS-STH1000
■1Dメインユニット
DVH-P550 ¥26,250 2月下旬発売
DEH-P650 ¥22,050 1月下旬発売
DEH-550 ¥15,750 1月下旬発売
DEH-350 ¥OPEN 1月下旬発売

■パワーアンプ
GM-D6400 ¥26,250 1月下旬発売
GM-D6100 ¥21,000 1月下旬発売

2ウェイサテライトスピーカー「TS-STH1000」は、振動板の両サイドに配置したボイスコイルの水平方向の振動を新開発のリンク機構を介して垂直方向の振動に変換する方式「HVT(Horizontal-Vertical Transforming)方式」を世界で初めて採用。これにより、高音質と薄型化を両立させた。トゥイーター部には、新開発の大口径3.3cmソフトドームダイアフラムを採用する。

1Dメインユニットでは、「DVH-P550」「DEH-P650」「DEH-550」がUSB入力端子を装備し、iPodやiPhoneなどを接続してWMA/MP3/AACファイルの再生を行える。さらに「DVH-P550」ではiPodやiPhone内の映像を簡単に再生できる。


DVH-P550

DEH-P650


DEH-550

DEH-350
パワーアンプは、出力150W×4のブリッジャブルパワーアンプ「GM-D6400」と出力400W×1のモノラルパワーアンプ「GM-D6100」の2モデルをラインナップ。信号処理部に新たなデジタル統合ICを搭載し、最適な基板レイアウト設計をすることで、クラスD回路の小型化、高音質化を実現している。


GM-D6400

GM-D6100
【問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-111

関連リンク

関連記事