CEATEC JAPAN 2009レポート

村田製作所、ムラタセイコちゃんの進化を動画レポート! - スピーカー「ES701 Suono 京」も展示

Phile-web編集部
2009年10月06日
(株)村田製作所では、今年もムラタセイサク君とセイコちゃんが来場者の前に姿を現すステージイベントを実施。ステージ前には彼らの姿を一目見ようと大勢の来場者が詰めかけた。

ムラタセイサク君

デモを見せるセイコちゃんとそれを見守るセイサク君

今年のデモでは、主にセイコちゃんが活躍。初お目見えとなった昨年のCEATECでは対象物との距離を一定に保ちながら前後に動く様子を見せてくれた彼女だが(関連ニュース)、今年はさらに能力が進化。カーブに加えて、バックしながらのカーブもできるようになった。その姿を動画でご覧頂こう。



そして、セイコちゃんは幅1cmの細い橋の上での走行にも挑戦。ゆっくりとバランスを取りながら慎重に橋を渡る姿も見せてくれた。



また、同社のブースには9月30日に発表されたブックシェルフスピーカー「ES701 Suono 京」(関連ニュース)も展示されている。こちらは会場の通路と反対側のほかの展示とは離れた場所に置かれているので注意していないと少し見つけにくいかもしれないが、CEATECに参加予定のあるオーディオファンの方はこちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

ES701 Suono 京

機体背面の様子

関連記事