192kHz/24bit音源などをDVD-ROMに収録して販売

高音質音楽配信サービス「クリプトンHQM」からパッケージソフトが登場

Phile-web編集部
2009年08月21日
(株)クリプトンが運営するDRMフリーの高音質・音楽データ配信サービス「KRIPTON HQM STORE」。6月29日のオープン以来多くのユーザーが利用しており、しかも購入した方は必ずリピーターになっているという。

KRIPTON HQM STORE

こちらで配信されたコンテンツをDVD-ROMに収めたパッケージ版の販売が、7月23日より行われている。

コンセプトは「最高のものにこだわる」。アナログマスターを192kHz/24bitでデジタル化し、サンプリング周波数96kHz/24bitもしくは192kHz/24bitのWAV形式でDVD-ROMに収録している。価格は配信版よりやや高くなり、例えば「遠山慶子 Plays ドビュッシー&ラヴェル」では配信版は3,150円だがパッケージ版は5,040円となっている。

「192kHz/24bitのFLACやWAVの音楽データを配信で提供するのは、インフラの問題などがあり難しい。その点パッケージであれば、ダウンロードやバックアップの手間などを掛けずに楽しんでいただけます」と説明するのは、HQM事業室長の樋泉氏。

クリプトン 樋泉史彦氏

本パッケージは、CD以上の広い周波数帯域と、アナログレコードを凌駕する120dB程度という広いダイナミックレンジを持ち、微弱な減衰音や微妙な反射音までも再生可能。それゆえ、よりリアルに音場を表現できるという。「ピアニストの遠山慶子さんにも『作曲家の作品によってタッチを変えたのが分かる。これを聴いてもらえるのは演奏者冥利につきます』とのコメントをいただきました」(樋泉氏)

また同氏は、再生環境の重要さについても指摘する。「96kHz/48bitと192kHz/24bitの違いを聞き分けるには、やはり良い再生環境を揃えて楽しんでいただきたいですね」と語る。同社ではLINNのDSシリーズを推奨しているという。

同社代表取締役の濱田氏は、「アナログリマスターを192kHzでアーカイブ化することは、いい演奏を楽しめるだけでなく、大切な音楽資産を守っていくことにもつながる。高音質だけでなく、カメラータの一流のアーティストが奏でる優れた音楽を楽しんでいただきたい」と語った。

クリプトン 濱田正久氏

なおこのディスクは、PCでデータを取り込み、リンのDSシリーズやPC用オーディオプロセッサーなど96kHz/24bit、または192kHz/24bitのWAVデータに対応した機器を使用して再生が可能。通常のCDプレーヤーやDVDプレーヤーでは再生できないので、注意が必要だ。

本ディスクの試聴はクリプトンオンラインストアのほか、オーディオ専門店にて行える。


【問い合わせ先】
(株)クリプトン
TEL/03-3353-4411

関連記事