最新のサラウンド制作環境を紹介

<AES 2009>タイムロード Focalのプロ用モニター「CMSシリーズ」/メリディアンとダンヒルのコラボモデル

Phile-web編集部
2009年07月23日
7月23日から3日間、東京都千代田区の科学技術館で開催されている「AES 東京コンベンション 2009」の模様をお伝えする。タイムロードはULTRASONEのヘッドホンやFocalのモニタースピーカーを展示。メリディアンの一体型オーディオ「F80」も注目を浴びている。

■タイムロード/アコースティックフィールド


Focal Professionalのモニタースピーカーによるマルチチャンネルエンジニアリングの環境を再現
同社が取り扱うFocal Professionalのモニタースピーカー「CMS65」「CMS50」と、アコースティックフィールドが取り扱うA&G SOLUZIONI DIGITAL社の立体音響プロセッサー「X-spat boX」によるサラウンド制作環境を紹介。X-spat boXは音の3D定位をリアルタイムにつくりだすことができるマルチチャンネルDSPボックス。8in/8outのオーディオ入出力を備え、独自技術により各入力のソースポジション/レベル/アッテネーション/ドップラ等の調整や高さ方向を含むマルチチャンネルスピーカーの配置設置が、モニターをみながら手軽に行える点を特徴としている。出力設定はMIDIによりリアルタイムで制御でき、立体音響制作も容易に行える。


立体音響プロセッサー「X-spat boX」
Focalのプロフェッショナルモニター「CMSシリーズ」の新製品として登場した「CMS65」と「CMS50」は、ともにコンパクトかつ優れたインストール性能を実現している。新開発のアルミニウム/マグネシウム・インバーテッド・ドームトゥイータードライバーを搭載。ウーファーはCMS65が6.5インチ、CMS50が5インチのドライバーを搭載する。堅牢なダイカスト・アルミニウム・ボディにより、十分な厚みを確保し、独自の音響処理によって不要な振動を抑え込んでいる。オーディオ入力はXLR/RCAともに搭載。バイアンプ構成のアンプを内蔵している。

タイムロードからはULTRASONEの最高峰ヘッドホン「edition 8」(製品レビュー)も出展された。既に多くのサウンドエンジニアから高い評価を獲得している“PROシリーズ”(製品情報)とともに、プロフェッショナルのユーザーからも話題を集めているモデルだけに、会場の試聴用デモ機を多くの来場者が手にとって確かめていた。

ULTRASONE「edition 8」も試聴機を展示

Lehmann Audioのヘッドホンアンプ「Black Cube Linear」

その他、アコースティックフィールドが取り扱う米・SENCORE社のポータブルHDMIジェネレーター&アナライザーなども資料を展示している。同社では近く、SENCORE社の開発によるコンシューマ向け機器としてHDMIスケーラーの販売も計画しているという。本件については近く詳報が得られた際にご紹介しよう。


■メリディアンオーディオ

英・メリディアンオーディオが構えるブースには、同社がフェラーリ社と共同開発した一体型オーディオシステム「F80」(製品レビュー)が出展された。美しいフォルムとサイズを超えた高音質が話題を呼ぶ、メリディアンの新たなハイエンドオーディオのリスニングスタイルを提案するモデルだ。


メリディアンとフェラーリの共同開発による一体型オーディオシステム「F80」

カラーバリエーションも充実する「F80」
本機とともに、ブースに参考出展されたモデルが同じく一体型オーディオシステムとして開発された「AD88」。本機はダンヒルブランドとの共同開発により誕生したモデルで、本体にメリディアンの開発による独自のDSPスピーカーシステムを搭載する。DVD/CDの再生やFM/AMリスニングなどが楽しめる。また、本機専用のiPodドック「AD88」を接続することでiPodの音楽ライブラリーも本機で再生して楽しめる。日本国内での販売は現状未定となっている。


ダンヒルとの共同開発モデル「AD88」とiPodドック「i88」
なお、イベントの会期中24日(金)の13時より「メリディアンオーディオ社の最新技術」と題したセミナーも開催される。場所は科学技術館「Room11(11号館)」。同社の最新製品を含む動向が明らかにされそうだ。

関連記事