単体で動画・音声・静止画の再生に対応

ランサーリンク、1GBメモリー内蔵のLCoSモバイルプロジェクターを発売

Phile-web編集部
2009年01月21日
ランサーリンク(株)は、本体に1GBのメモリーとメディアプレーヤー機能を搭載したモバイルプロジェクター「MPJ-101」を1月21日に発売する。


MPJ-101

ミニ三脚やリモコンも付属する
価格はオープンだが、市場での実売価格は70,000円前後の見込み。同社のWeb直販サイト「ランサーWebショップ」でも取り扱われる。

本体外寸は125W×55H×23mm、バッテリーを除く質量は100gのコンパクトサイズを実現したモバイルプロジェクター。LCoS方式の投写デバイスを搭載しており、解像度は640×480ピクセルまで対応。21cmから181cmの投写距離で、6型から50型までのスクリーンサイズを実現している。光源は白色LEDで、明るさは10ルーメン。バッテリーは充電仕様。

本体には1GBのフラッシュメモリーが内蔵されているほか、SD/SDHC(8GBまで)メモリーカード、またはMMC/MS Pro(8GB)などの外部記録媒体の読み込みにも対応する。動画、音声、静止画ファイルを再生するメディアプレーヤー機能も搭載されており、パソコンを使わずに本機単体でのプレゼンテーションなどにも活用できる。出力0.5W×2のスピーカーも内蔵する。

また本体内にコントロールパネルを設け、明るさやコントラスト、彩度のバランスも微調整が行える。ズーム、フォーカスはマニュアル調整。コンポジット映像、ステレオピン音声の入力端子も設けられている。リモコンのほか、動画ファイルの変換ソフト「ARCSOFT Media Converter」などが同梱される。

【問い合わせ先】
ランサーリンク(株)お客様相談室
TEL/03-6280-8385

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルLCOSプロジェクター
  • ブランドLANCER
  • 型番LANCERLINK
  • 発売日2009年1月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格70,000円前後)
●投写方式:LCoS ●明るさ:10ルーメン ●光源:白色LED ●投写距離:21cm〜181cm(6型〜50型) ●対応ファイル:静止画/JPEG、音声/MP3、動画/MPEG-4 H.264 M-JPEG(付属ソフトでの変換が必要) ●外形寸法:125W×55H×23mm ●質量:100g(バッテリー除く)

関連記事