3808Aと同等の機能に

デノン、AVアンプ「AVC-3808」の有償アップグレードサービスを実施

  • Twitter
  • FaceBook
Phile-web編集部
2008年11月10日
デノンは、AVアンプ「AVC-3808」の有償アップグレードサービスを11月17日より実施する。


AVC-3808
今回のアップグレードにより、10月下旬に発売された「AVC-3808A」に搭載されている「Audyssey Dynamic Volume」「Audyssey DynamicEQ」「HDMIコントロール」の3つの機能を追加し、3808Aと同等の機能を備えるようになる。

Audyssey Dynamic Volumeは入力された音の大小をリアルタイムに調整することで、様々なソースを視聴する際に快適な環境を提供できる機能。Audyssey DynamicEQは測定した部屋の特性やソースの音量などを考慮しながら周波数特性の補正を行うもの。部屋の特性やソースの音量、人間の聴覚特性などを考慮しながら周波数特性の補正を行う。小音量再生時の音痩せや迫力不足を改善することができる。HDMIコントロールの対応メーカーは、シャープ/パナソニック/東芝/日立/三菱(08年7月現在)で、電源のオンオフやボリューム調整などが可能。

アップグレードはオンラインでの申し込みのほか、サービス窓口でも受け付ける。オンラインではDENONダイレクトショップにて11月17日より公開予定のAVC-3808アップグレードキットを購入し、その後送付されるアップグレードの書類を読みながら自身でオンラインでアップデートを行う。価格は10,500円(税込)。

サービス窓口での申し込みは、(株)シーティーエヌ 首都圏サービスセンターに電話またはハガキで申し込むと、同社にてアップグレードを行ってくれる。また製品を購入した販売店でも申し込みを受け付ける。

【問い合わせ先】
株式会社シーティーエヌ 首都圏サービスセンター
TEL/045-670-5550

関連リンク

関連記事