無線LANと赤外線通信でケータイとも連携/RSS受信も可能

三洋、赤外線通信にも対応したホームネットワークビューワー“ALBO”を発売

Phile-web編集部
2008年10月28日
三洋電機コンシューマエレクトロニクス(株)は、ホームネットワークビューワー“ALBO(アルボ)”「HNV-M70」を11月14日より発売する。価格はオープンだが、40,000円前後での販売が予想される。カラーはプライムブラック/プライムグリーンの2種類。

HNV-M70

プライムグリーンカラーも用意。背面部にはモノラルスピーカーも備える

解像度800×480、アスペクト比16対9の7型液晶ディスプレイを搭載。視野角は左右140度、上下120度。

赤外線と無線LANによるデータ通信が可能な点が特長となる。赤外線を使用することで、携帯電話からメールや画像データを送信・閲覧することができる。画像付きメールの場合は本文と画像を同時表示。SD/SDHC/メモリースティックデュオ、USBメモリーなどのスロットを備え、受信したデータの保存も可能だ。また、ディスプレイは横→縦に回転させることができ、写真の向きに合わせて画面を回転させると、画面いっぱいに自動拡大させる「くるりんビュー」機能を備えている。対応画像フォーマットはJPEG/BMP。動画には対応しない。

また受信したメッセージに、本機に登録したメールアドレスから「ありがとう」「了解しました」などの定型文返信も行える。詳細な返信をしたい場合は、無線LANで接続したパソコン経由で編集して送信する。

台座部に操作キーを配置。こちらからURLの入力などを行う

RSSに対応し、無線LANを介してニュース受信も可能。本体台座にあるボタンで受信したいURLを登録する。ニュースサイトは10件まで登録でき、ひとつのサイトで100件までのニュース取得が可能だ。そのほか、「Picasaウェブアルバムby Google」や「フォト蔵」などの写真共有サイトも利用できる。

出力1Wのモノラルスピーカーを搭載し、MP3/WMA/WAVファイルの再生にも対応。同社は、画像などを共有する家族のコミュニケーションの場や、家庭内でのニュース掲示板などとしての使用を想定しているという。

【問い合わせ先】
三洋電機コンシューマエレクトロニクス株式会社
事業推進部 事業企画課(担当:松島氏)
TEL/0857-21-2058

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドSANYO
  • 型番HNV−M70
  • 発売日2008年11月14日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格40,000円前後)
●画面サイズ:7インチ ●画素数:800×480 ●視野角:視野角:左右140度、上下120度 ●対応メモリーカード:SD/SDHCカード(SDカード、miniSDカード、microSDカード)、メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ、メモリースティックマイクロ、USBメモリー ●ワイヤレス通信:IEEE 802.11b/g(無線LAN簡単システムAOSS対応 ) ●外形寸法:約210W×208H×120Dmm ●質量:約690g

関連記事