三菱電機、AVC5倍録画が可能なBDレコーダー「DVR-BZ110」を発売

2008年10月24日

DVR-BZ110
三菱電機(株)は、5倍録画が可能になったBDレコーダー“REAL ブルーレイ”「DVR-BZ110」を11月21日より発売する。価格はオープンだが、14万円前後での販売が予想される。

本機は、基本的な機能やスペックは既に発売中の「DVR-BZ100」と同様。250GBのHDDを内蔵し、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基装備。録画・再生可能メディアはBD-R/-RE、DVD-R/-RWとなる。

今回新たにEPGのフルHD表示に対応。また、AVC録画のAEモードのビットレートを変更。これまでの約5.7Mbpsから、約4.7Mbpsまで引き下げたことにより、DRモードの約5倍のフルHD録画を可能にしたのが大きな特長だ。なお、液晶タッチパネルで操作する「液晶グット楽リモコン」は同梱しない。

本編のみ、またはCMのみを連続再生できる「オートカットi」やスポーツ番組のハイライトシーンだけを連続視聴できる「ハイライト再生機能」、音楽番組の演奏シーンだけを連続再生できる「楽曲再生機能」などの便利機能はそのままに、さらに長時間録画が可能になった。「REALINK」機能で液晶テレビ「REAL」との連携操作も可能で、不明点をその場で解決できる「使いかたナビ」も備えている。

【問い合わせ先】

三菱電機お客様相談センター
TEL/0120-139-365

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドMITSUBISHI
  • 型番DVR-BZ110
  • 発売日2008年11月21日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格140,000円前後)
【SPEC】●記録可能メディア:BD-RE、BD-R、DVD-RW、DVD-R ●内蔵HDD:250GB ●チューナー:地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2、地上アナログ×1 ●入力端子:S映像×2、映像×2、音声×2 ●出力端子:HDMI×1、D4映像×1、S映像×1、映像×1、音声×1、光デジタル音声×1 ●消費電力:39W ●外形寸法:430W×77H×361Dmm ●質量:約5.4kg

関連記事