サエク、絶縁体に“発泡テフロン”を採用した高音質HDMIケーブル「SH-1010」を発売

2008年06月27日
サエクコマース(株)は、自社ブランド“SAEC”として初めてのラインナップとなるHDMIケーブル「SH-1010」を7月20日に発売する。

ケーブルの長さごとに以下のラインナップが揃う。価格はすべて税込。


SH-1010
■HDMIケーブル「SH-1010」
・0.7m/¥36,225
・1.0m/¥39,900
・1.2m/¥42,525
・1.8m/¥49,875
・3.0m/¥64,050

本製品は同日発表されたHDMIケーブル「SH-810」とともに、SAECブランドが満を持して発売する初めてのHDMIケーブルとなる。上位モデルにあたる「SH-1010」では、SAECのケーブル技術とノウハウを活かして、様々なアプローチから高音質化・高画質化が図られている。全てのモデルがHDMI Ver1.3 category2対応を実現している。

導体は高品位銀メッキ処理の高純度銅線を採用。導体の構造も、メイン信号路のシールド付ツイストペア導体と、サブ信号路のアンシールドツイストペア導体に介在樹脂を組み合わせ、音質的にも安定感の高い仕様としている。


プラグ部は金メッキ処理が施されている
絶縁体にも高品位伝送を追求した仕様を投入している。メインの信号路には、“空気に次ぐ”低い誘電率と低誘電損失特性を有する発泡テフロン材を用い、サブ信号路には稠密テフロン材を使っている。これにより、高速かつ、波形の乱れを抑えた伝送が実現されるという。

シールドは、メイン信号路側はアルミ箔と銀メッキ高純度銅線による2重シールド構造とし、広帯域で安定したシールド効果を確保するとともに、導体の振動防止にもつなげている。さらにサブ信号路側を加えた導体全体もアルミ箔でシールドし、徹底したノイズ対策を施している。

シースは振動伝搬を改善したハロゲンフリーの特殊素材を採用。2種の異なる素材を組み合わせ、振動を的確に抑制する。プラグは振動防止にも最適な金メッキ処理を施している。

【問い合わせ先】
サエクコマース(株)
TEL/03-3588-8481

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドSAEC
  • 型番SH-1010
  • 発売日2008年7月20日
  • 価格¥39,900(1.0m/税込)
【SPEC】●導体:高品質銀メッキ高純度銅 ●構造:ツイストペアダブルシールド+アルミシールド ●外形:φ9.5mm ●被覆:2種類の特殊ハロゲンフリーシース ●方向性:有り(シースに印刷表示)

関連記事