パナソニック、レコーダー“DIGA”シリーズの「ダビング10」対応スケジュールを発表

2008年06月24日

DMR-BR500
松下電器産業(株)は、7月4日午前4時の開始が予定されている「ダビング10」について、レコーダー“DIGA”シリーズのバージョンアップサービスを7月4日までに実施することを発表した。

バージョンアップの対象機種は下記の通り。

■BDレコーダー
<2008年発売>DMR-BR500
<2007年発売>DMR-BW900、DMR-BW800、DMR-BW700
<2006年発売>DMR-BW200、DMR-BR100

■HDD+DVDレコーダー
<2008年発売>DMR-XW320、DMR-XW120、DMR-XP12、DMR-XP22V
<2007年発売>DMR-XW300、DMR-XW100、DMR-XW200V、DMR-XW51、DMR-XW31、DMR-XW41V、DMR-XP11、DMR-XP21V
<2006年発売>DMR-XW50、DMR-XW30、DMR-XW40V、DMR-XP10、DMR-XP20V

バージョンアップは、地上デジタル、またはBSデジタル放送の放送波による自動的アップデートにより実施される。詳細な開始時期は決定次第、同社ホームページで案内される予定。

なお、同社では「ダビング10」専用の問い合わせ窓口を設置し、6月23日から8月31日までの期間、ユーザーの対応を行っていく。期間終了後の問い合わせに関しては、通常のお客様ご相談センターで受けつける。

【問い合わせ先】
「ダビング10」専用フリーダイヤル
TEL/0120-878-723(受付9時〜20時)

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事