壁面収納家具メーカー“ip20” ー ショールーム兼工場が天王洲にオープン!

2008年06月20日

ip20
リビングシアターを中心に、デザインと機能性にこだわるホームシアターユーザーから、高い支持を受ける壁面収納メーカーip20。この度、そのショールーム“インターIP 天王洲”が、天王洲アイル駅から歩いて5分、京浜運河沿いにオープンした。その最大の特徴は、オフィスと工場を兼ねていることだろう。

「完成した製品だけではなく、製造工程やそこに携わる“ヒト”の顔を見て頂くことで、私どもの考えや“モノ”に対しての理解を、お客様に深めてもらいたいと考えております。カタログを眺めているだけでは、なかなか想像しにくい、導入後のイメージをお客様が膨らませられる場所だと思っています」と、同社デザイン&クリエイティブ責任者の河西氏。

倉庫を改築したこともあり、高い天井が活かされた開放的な2階ショールーム。書斎や子供部屋を想定したスペースをはじめ、リビングでのスクリーンを組み合わせたホームシアター一体型の壁面収納など、様々なスタイルの家具提案を見ることができる。

ショールームから出て、階段を下りると、そこが作業スペース。外光が存分に射し込み明るく、清潔感溢れるスペースでは、職人が手作業で家具のパーツをカットしている現場を間近で見学することが可能だ。

“できあがった既製品を購入する”というスタンスとはまったく違った、“作り上げていく”という流れを肌で感じることができる、新しいスタイルのショールームに一度足を運んでみてはいかがだろう。

※詳しくはホームシアターファイルvol.48、148ページをご覧下さい。

(ホームシアターファイル編集部)

関連記事