SCE、BD-LIVE再生対応のPS3システムソフトウェア「Ver.2.20」を公開

2008年03月25日

PLAYSTATION3

(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PLAYSTATION3用の新システムソフトウェア「バージョン2.20」を本日公開した。

新バージョンでは新たにBlu-ray DiscのProfile2.0(BD-LIVE)の再生に対応。BD-LIVEの機能により、インターネットから追加コンテンツやアプリケーション、ゲームなどをダウンロードして楽しむことが可能となる。

BD-Rに関しては、有機色素系BD-R(LTH)の再生にも新たに対応した。

また、BD/DVDのレジューム再生機能を追加。電源を落とした場合やディスクを抜き出した場合でも、前回終了したシーンから再生を行うことが可能となった。なお、BD-J(Blu-ray Disc Java)に対応したBDはレジューム再生ができない。

さらに、DLNAサーバーに保存された一部の著作権保護コンテンツの再生にも対応。同機能に対応したVAIO、NET JUKE内に保存された、mora/Any Musicで購入したATRAC形式コンテンツをPS3側で再生することができる。

ビデオ再生機能としては、「モスキートノイズリダクション」を追加。DVDの再生時に、映像の輪郭部分に発生するモスキートノイズ(ちらつき)を低減することができる。なおBDについては、一部ディスクには対応するが、市販のBD映像ソフト(BD-ROM)などBDMVフォーマットで記録されたBDでは、この機能は使用できない。

そのほか、Bluetooth機器の登録方法の変更や、PSPリモートプレイ中の音声出力の選択、PSPへのプレイリスト(ミュージック/フォト)の書き出しなどが追加されている。

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事