<CES2008:三菱電機>フルHDビジネスプロジェクターが登場/500gのポータブルプロジェクターも

2008年01月09日

ビジネス用途向けフルHD液晶プロジェクター「FL7000U」

FL7000Uの背面部。HDMI端子は搭載されていない
三菱電機のブースではプロジェクターを強く訴求している。一番のフィーチャーは、北米で今年2月に発売されるビジネス用途向けフルHD液晶プロジェクター「FL7000U」だ。

輝度5,000ルーメン、コントラスト比は1,000対1。色空間の国際標準規格であるsRGBに対応しており、スクリーンやディスプレイなどさまざまな投写媒体を使用する際、それぞれの媒体間の色再現の差異を少なくすることができるという。また、画面分割機能を搭載しており、2つの映像を並列表示することが可能だという。


驚きのコンパクトさを実現した「PK-20」

接続端子部。SDカードスロットも用意している
その他、既に北米で発売中のポケットサイズDLPプロジェクター「PK-20」も展示されていた。ランプの代わりにLEDを搭載することで、外形寸法123W×48.2H×97Dmm、質量500gという小型化を実現したという。解像度は800×600で、輝度は25ルーメン。12インチから60インチまでの映像が投写可能だ。

SDカードスロットを備えており、デジタルカメラで撮影した映像などを、本機を使用して簡単に観ることができる。電源はACアダプターに加え、別売りでリチウムイオンバッテリーも用意し、外に持ち運んでの使用にも対応する。

(Phile-web編集部・小澤)

関連記事