SCE、PS3のシステムソフトVer 2.00を公開 − PSPからのネットブートに対応

2007年11月08日
(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PLAYSTATION3用の新システムソフトウェア「バージョン2.00」を本日公開した。


PSPからのリモート起動が可能になった
今回追加された主な機能は5つ。まず、遠くにあるPSPからPS3にインターネットを介してアクセスし、PS3のゲームを遊ぶことができる「リモートプレイ」機能について、新たにPSPからPS3の電源をオン/オフできる「リモート起動」機能が追加された。これは、今年の東京ゲームショウで平井一夫CEOが対応を表明していたもの(関連ニュース)。

これまで、リモートプレイを使用するためには、あらかじめPS3を起動しておく必要があったが、今回の機能追加により、リモートプレイの利便性が大きく向上する。なお、このリモート起動を使用するためには、PSPのシステムソフトをVer 3.72以上にアップデートしておく必要がある。

また、カスタムテーマ機能も追加された。XMBのアイコンや背景を、「テーマ」を切り替えることで変更できる。テーマはPCかPS3でダウンロードし、組み込むことが可能。アップデートのページに、3種類のサンプルが用意されている。

さらに、音楽再生と写真再生機能に「プレイリスト」機能が加わった。HDD内の画像や楽曲をプレイリストとしてまとめたり、順番を並び替えることが可能になる。

カスタムテーマ機能も追加された

写真や音楽のプレイリスト作成機能も追加


画面右側に「インフォメーションボード」も新設
また、メニュー画面の右側に最新ニュースの見出しを表示し、見出しを選択すると詳細を見ることができる「インフォメーションボード」も新設された。

細かなところでは、「PLAYSTATION Store」でダウンロードする動画のプログレッシブ再生が可能になった。ダウンロード画面に再生ボタンが表示されたときは、動画を再生しながらダウンロードを行うことができる。

(Phile-web編集部)

関連記事