SCE、PS3のシステムソフトウェアVer.1.50を更新 − Edyでの入金が可能に

2007年01月23日

(株)ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は本日、PLAYSTATION3(PS3)のシステムソフトウェア「バージョン 1.50」を1月24日に公開することを明らかにした。

今回のアップデートにより、PLAYSTATION Networkの「PLAYSTATION Store」において、これまでのクレジットカードに加えて、プリベイド型電子マネー「Edy(エディ)」が使えるようになる。ユーザーは手持ちのおサイフケータイをはじめとする「Edy」を利用して、PLAYSTATION Networkのウォレットにチャージができるようになる。

その他にも下記の項目が更新される。

■ユーザー
・ユーザーアイコンの画像を[フォト]から選べるようになる

■設定
・[Edy Viewer]が追加
・[サウンド設定]に[操作音]が追加
・[本体設定]の[バックアップユーティリティー]に[バックアップデータの削除]を追加
・[ネットワーク設定]>[インターネット接続設定]>[無線][アクセスポイント別自動設定]の[AOSS]で利用できるセキュリティ方式にWEP128、WPA-PSK(TKIP)、WPA-PSK(AES)が追加

■フレンド
・PLAYSTATION Networkのパスワード保存/自動サインインの方法が選択可能になる

■その他
・キーボードで韓国語が入力可能に
・PS3における一部のPlayStationおよびPlayStation2規格ソフトウェアの動作ステータスを更新

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事