ビクターとの経営統合の報道にケンウッドがコメント

2006年12月23日
本日、複数のメディアが、松下電器産業(株)が日本ビクター(株)の株式売却を検討していると報道した。

株式の売却先には、ケンウッドや、米投資ファンドのサーベラスなどの名前が挙がっている。ほかに、日本ビクターがサーベラスと連携し、経営陣による自社株買収(MBO)を検討しているとの報道もある。

現在のところ、松下電器、日本ビクターとも公式のリリースは発表していない。一方ケンウッドは、「本日、一部報道機関により、当社と日本ビクター株式会社が経営統合を検討しているとの報道がありましたが、現在、決定していることは何もございません」とコメントしている。

(Phile-web編集部)

関連記事