HOME > ニュース > アップル、iPod用スピーカー「iPod Hi-Fi」 − 大型ユニットを装備した本格モデル

アップル、iPod用スピーカー「iPod Hi-Fi」 − 大型ユニットを装備した本格モデル

2006/03/01
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

「iPod Hi-Fi」
アップルは、iPod用のスピーカーシステム「iPod Hi-Fi」(型番:M9867J/A)を本日より発売開始した。価格は42,800円(税込)。

本体上部にユニバーサルドックを装備し、10個のユニバーサルドックアダプタを同梱。ドックコネクターを内蔵したすべてのiPodを接続でき、iPod内の音楽の再生と充電が行える。また、ユニバーサルドックの前にはボリュームのアップダウン操作を行うボタンも備える。Fire WireやUSBなどの端子は搭載しておらず、PCと接続し楽曲を転送することなどはできない。

iPodをユニバーサルドックに接続すると、iPodのディスプレイにスピーカーメニューが表示でき、音質調整などが可能。音質調整では「標準」「Treble Boost」「Bass Boost」などの設定が行える。ただしこのスピーカーメニューと音質調整機能は、iPod nanoとビデオ機能搭載iPodでしか利用できない。

本体前面にユニバーサルドックを装備

光デジタル/アナログ兼用のミニプラグも装備する

本体にはアナログ/光デジタル兼用のステレオミニ音声入力端子を装備。ゲームやPC、DVDプレーヤー、ドックコネクターがない旧iPodなどを、別売りのオーディオケーブルで接続できる。

本体の電源は、付属のACアダプターのほか、単1乾電池6本でも駆動する。乾電池駆動の場合、特別に設計された回路でバッテリー寿命と音質、音量を最適化するという。iPod本体の電池残量が少なくなると自動で充電を開始し、ACアダプター接続時はiPodをフル充電、乾電池使用時は最小限の充電を行う。

リモートコントローラー「Apple Remote」も同梱。再生、一時停止、トラックのスキップ、早送り、巻き戻し、音量の調整が行える。

スピーカー構成は2ウェイ3ユニットで、すべてカスタム設計という。中高域を受け持つワイドレンジユニットは80mmのものを2基装備。ウーファーは130mmユニットを1基備える。バスレフポートが前面に2つ設けられている。サランネットの取り外しも可能。

本機のユニット構造

本機に搭載されたスピーカーユニット

サランネットを装着した状態

アンプはクラスDデジタルアンプを搭載。周波数特性は53Hz〜16kHz ±3dB、ピーク時の音圧レベルは1mで105dB(AC)、1mで100dB(乾電池)。

筐体は二重壁のプラスチックシェルでを採用。「最大限の強度で振動と共振を防ぐため」という。外形寸法は431.8W×167.6H×175.3Dmm、乾電池非装着時の重量は6.6kg。

【問い合わせ先】
アップルストア
TEL/0120-27753-1

(Phile-web編集部)

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
製品スペックやデータを見る
  • ブランドAPPLE
  • 型番M9867J/A
  • 発売日2006年3月1日
  • 価格¥42,800
【SPEC】
●スピーカーユニット:80mmワイドレンジドライバ2個、130mmウーファー1個 ●周波数特性:53Hz〜16kHz ±3dB ●ピーク時音圧レベル:1mで105dB(AC)、1mで100dB(乾電池) ●入出力:ユニバーサルドック1、アナログステレオミニ/光デジタルミニ兼用プラグ1 ●電源:AC/DC(乾電池)●外形寸法:431.8W×167.6H×175.3Dmm ●質量:6.6kg(乾電池非装着時)