スタックス、コンデンサー型ヘッドホンの新モデル「SRS-2050A」「SRS-005A」を発売

2005年12月16日

SRS-2050A

SRS-005A
(有)スタックスは、イヤースピーカーの新モデル「SRS-2050A」「SRS-005A」の2モデルを12月14日より出荷開始した。

「SRS-2050A」は、ヘッドホン部「SR-202」とドライバーユニット「SRM-252A」の組み合わせで、価格は49,350円(税込)。「SRS-005A」は 耳栓型のヘッドホン「SR-003」とドライバーユニット「SRM-252A」の組み合わせで、価格は40,950円(税込)。

両機ともドライバーユニットのみが変更された。周波数特性の広帯域化を図り、周波数特性の上限は20kHzから35kHzへと拡大。また、筐体はアルミ押し出し材を採用し、放熱性の向上と音質向上に寄与する。フロントパネルも現行の塩ビから鋼板に変更された。

また、入力端子はパラレル入出力端子に変更。従来、微少音量時にLRの音量差が出る「ギャングエラー」が発生することがあったが、これも改善されている。

【問い合わせ先】
(有)スタックス
TEL/049-258-2660

(Phile-web編集部)
  • トピック
  • SRS

関連リンク

関連記事