毎日放送、センバツ高校野球をSRS Circle Surroundで5.1ch放送

2005年03月14日
(株)毎日放送は、3月23日からはじまる『第77回センバツ高校野球大会』を、SRS Circle Surround方式による5.1chサラウンドで制作すると発表した。

SRSサークルサラウンドエンコーダーは、6chの音声素材に特別なエンコード処理を行い、通常の2チャンネルステレオ音声として伝送する方式。地上デジタル放送のみでなく現行のアナログ放送でもデコーダーがあればサラウンド再生を楽しむことができる。また、デコーダーがなくても通常のステレオ放送として視聴が可能。

毎日放送からの映像配信を受け、センバツ高校野球を放映するCS局のGAORAでは、全試合をSRS Circle Surround方式での5.1chサラウンドで放送する。

毎日放送自身も、準決勝戦と決勝戦を地上波アナログ放送ではSRS Circle Surround方式で、地上波デジタル放送では5.1chディスクリートサラウンドで中継する予定。

甲子園球場では、特設のデモルームを設置して放送業界向けにSRS Circle Surround方式の紹介が行われる。また毎日放送社屋のロビーでは、日本マランツ(株)の協力により、一般視聴者向けの体験コーナーが設置される。体験コーナーでは、AVアンプに「PS8500」、フロントスピーカーにB&W「703」、センタースピーカーに「HTM7」、サラウンドスピーカーに「705」、サブウーファーに「ASW750」が使われる。このシステムに最も近いサラウンドパッケージは「Cinema Dialog 8」で、詳細はこちらに掲載されている。

(Phile-web編集部)
  • トピック
  • SRS

関連記事