ニコン、“家族みんなで楽しめる”デジタル一眼レフカメラ「D50」を発売

2005年04月20日

D50ブラックモデル

D50シルバーモデル
ニコンカメラ販売(株)は、“家族みんなで楽しめる”デジタル一眼レフカメラをコンセプトにした新商品「ニコン D50」を6月に発売する。価格については下記の通りとなる。


ダブルズームキット
・ボディ単体:\OPEN(予想実売価格9万円台)
・レンズキット:\OPEN(予想実売価格10万円台)
 ※AF-S DX ズームニッコール ED 18~55mm F3.5~5.6G付
・ダブルズームキット:\OPEN(予想実売価格13万円台)
 ※AF-S DX ズーム ニッコール ED 18~55mm F3.5~5.6G、AF-S DX ズームニッコール ED 55~200mm F4 ~5.6G付
 
「D50」はニコンのデジタル一眼レフカメラのエントリーモデルとして、低価格化と小型化、使いやすさの向上を実現し、ファミリーユースを意識したモデルとなる。

撮影シーンに合わせてモードダイヤルを選択するだけでイメージ通りの美しい画像が撮影できるデジタルイメージプログラムに、「こどもスナップ」モードを新搭載した。これにより子どもの肌をイキイキときれいに再現できる。その他にデジタルイメージプログラムとしてオート、ポートレート、風景、こどもスナップ、スポーツ、クローズアップ、夜景ポートレートの7つを搭載する。

CCDには有効画素数6.1メガピクセルのニコンDXフォーマットCCDを採用し、新開発の画像信号処理エンジンにより、美しい色再現、豊かな階調表現で、高画質を実現する。また、優れた高速性能でシャッターチャンスに対応。電源を入れて約0.2秒での撮影を可能にした。約2.5コマ/秒、約137コマまでの連続撮影ができる。2本のズームレンズをパッケージにしたダブルズームキットも発売される。カラーバリエーションにはブラックとシルバーを揃える。


D70s
また、同日ニコンからデジタル一眼レフカメラのヒットモデル「D70」をブラッシュアップさせた新商品として「D70s」が発表された。こちらは4月27日発売予定となっており、価格はオープンだがボディのみが10万円前後、レンズキットが13万円前後で販売される見込みだ。

「D70s」では、「D70」の優れた基本コンセプトを継承し、使いやすさと基本性能をさらに向上させている。ユーザーから最も要望が多かったという、リモートコードの使用を可能になったほか、2.0型の大型液晶モニター搭載や、新しいデザインで見やすいメニュー表示、のぞきやすくなった接眼目当ての採用、AF(オートフォーカス)性能の向上などが主な変更点となる。付属のリチャージャブルバッテリーについても、大容量の「EN-EL3a」を採用し、1回のフル充電で約2500コマの撮影が可能になった。なおリモートコード「MC-DC1」も本機と同時に発売される。価格は税込で3,675円となる。

【問い合わせ先】
ニコンカスタマーサポートセンター
TEL/0570-02-8000

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドNIKON
  • 型番D50
  • 発売日2005年6月
  • 価格本文を参照
【SPEC】<本体>●画素数:カメラ部有効画素:6.1メガピクセル ●画面サイズ:2.0型低温ポリシリコンTFT液晶、約13万画素、明るさ調整可能 ●記録媒体:SDメモリーカード ●外部インターフェイス:USB2.0 ●レンズマウント:ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付) ●電源:Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL3/EN-EL3a(別売)[およびクイックチャー ジャーMH-18aまたはマルチチャージャーMH-19(別売)]使用、ACアダプターEH-5(別売) ●外形寸法:133W×102H×76Dmm ●質量:約540g ●カラーバリエーション:ブラック、シルバー
  • ブランドNIKON
  • 型番D70s
  • 発売日2005年6月
  • 価格本文を参照
【SPEC】●有効画素数:6.1メガピクセル ●画面サイズ:2.0型低温ポリシリコンTFT液晶、約13万画素、明るさ調整可能 ●記録媒体:コンパクトフラッシュカード(TypeI/II対応)、マイクロドライブ対応 ●インターフェース:USB ●外形寸法:約140W×111H×78Dmm ●質量:約600g(本体のみ) ●カラーバリエーション:ブラック

関連記事