ビクター、「THX Ultra2」に準拠した7.1ch対応AVアンプを発売

2004年09月13日

AX-V5500
●日本ビクター(株)は、THXの最高規格「THX Ultra2」規格に準拠したAVアンプ「AX-V5500」を11月上旬より発売する。価格は210,000円(税込)。

本機は、「THX Ultra2」の品質基準をクリアした高音質ディスクリート7chアンプを搭載。完全ディスクリート化することで各チャンネルのクオリティの均一化と、チャンネル間セパレーションの向上を図り、各チャンネル150Wの出力を低歪で実現した。また、2ch及び5.1chの音声を7.1ch化するデコーダー「ドルビープロロジックII x」を搭載。他にも「ドルビーデジタルEX」「DTS-ES」や「DTS NEO:6」をはじめ、「THX SURROUND EX」、「DTS96/24」、「MPEG2-AAC」などの各種デコーダーを搭載した。


全面の操作パネル部
また本機は、高い演算処理能力を持つテキサス・インスツルメンツ社製32bit/倍精度64bit DSP「Aureus」を搭載。サラウンド信号の高精度デコーディングや、高品位な音場シミュレーションを実現した。

さらに本機は、独自技術「K2テクノロジー」を搭載。デジタル化による音質変化要因を改善する「Extended K2プロセシング」に加え、圧縮デジタル信号の音質改善を実現した最新技術「CCコンバーター」をフロントおよびセンターチャンネルに搭載。リニアPCM信号に加え、ドルビーデジタルやDTSなどの圧縮デジタル信号もハイビット・ハイサンプリング化し、再現性を大幅に向上させている。

【問い合わせ先】
日本ビクター(株)
お客様ご相談センター
TEL/0120-2828-17(フリーダイヤル)
TEL/03-5684-9311(携帯電話・PHSなど)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番AX-V5500
  • 発売日2004年11月上旬
  • 価格210,000円(税込)
【SPEC】
●定格出力:150W×7(6Ω、20Hz〜20kHz、0.03%THD) ●SN比(音声):80dB(DVD他)、77dB(PhonoMM) ●全高調波歪:0.03%(6Ω、20Hz〜20KHz、150W) ●オーディオ入力端子:同軸デジタル×3、光デジタル×4、アナログ×11 ●ビデオ入力端子:コンポジット×5、S2×5、コンポーネント×2、D5×2 ●オーディオ出力端子:光デジタル×1、RECOUT×4、プリアウト×1 ●ビデオ出力端子:コンポジット×2、S2×2、モニター(コンポジット×1、S2×1、コンポーネント×1、D5×1) ●消費電力:630W(スタンバイ時0.9W) ●外形寸法:445W×177H×475Dmm ●質量:25.0kg

関連記事