ソニー、新「L.I.V.E.デザイン」採用の地デジ対応23型液晶ベガを発売

2004年06月03日

「KDL-L23RX2」
●ソニーマーケティング(株)は、4月1日に発売した液晶テレビ“液晶<ベガ>RX2シリーズ”の新製品として23V型の「KDL-L23RX2」を7月より発売する。価格は315,000円(税込)。RX2シリーズは現在、32V型、26V型がラインナップされており、本機は一番小型のモデルとなる。

本機は、鮮明な映像を再現する「ベガエンジン」を搭載。サンプリング性能を向上させ、デジタル信号特有のブロックノイズ低減機能を追加したCCP2により、さらに高純度な信号をDRなどに受け渡し、ノイズを抑制しながら鮮鋭度・解像度をアップする。また、新開発「高画質パネルドライバー2」の搭載により、暗いシーンでの豊かな階調表現を実現。黒くつぶれがちな微妙なディテールもメリハリのある映像で再現する。

また本機は、新「L.I.V.E.デザイン」を採用。画と音を楽しむための最適なデザインと日本のリビングに調和するインテリア性を両立するよう設計された。本体両側には、コーン型トゥイーターとバスレフ型ウーファーからなる大容量スピーカーボックスを採用。内蔵スピーカーだけで5.1chサラウンドが楽しめる「TruSurround DIGITAL 5.1CH」機能を採用した。

本体一体型のチューナー部には、BS・110度CSデジタルチューナーに加え地上デジタルチューナーを搭載。他サイズモデルと同様に、多彩な放送サービスや接続機器をリモコンと新・操作画面で簡単に楽しめる「ベガゲート」を搭載した。

【問い合わせ先】
ソニーマーケティング(株)
お客様ご相談センター
TEL:0570-00-3311(ナビダイヤル)
TEL:03-5448-3311(携帯電話・PHSの場合)

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドSONY
  • 型番KDL-L23RX2
  • 発売日2004年7月
  • 価格315,000円(税込)
【SPEC】
●画面サイズ:23V型 ●パネル解像度:1280×768×RGB ●入出力端子:ビデオ入力×3系統3端子(S2映像入力×3系統3端子)、コンポーネント入力×2系統2端子(D4映像入力×2系統2端子)、AVマルチ(RGB/Y色差)入力×1系統1端子、デジタル放送/ビデオ出力×1系統1端子、i.LINK端子(4ピン/S400):2端子、光デジタル音声出力端子(AAC/PCM出力):1系統1端子、ヘッドホン端子(ステレオミニジャック):1端子、ネットワーク端子(100BASE-TX/10BASE-T):1端子 ●消費電力:125W ●外形寸法:717W×454H×290Dmm(スタンド含む) ●質量:12.5kg(スタンド含む)

関連記事