富士通テン、ECLIPSE TDシリーズの5.1chパッケージシステムを発売

2004年04月20日

「ECLIPSE TD」シリーズの5.1chシステムパッケージ「307PM-1」
●富士通テン(株)より、タイムドメイン理論に基づくホームシアタースピーカー「ECLIPSE TD」シリーズに、AVレシーバとスピーカシステムをパッケージした5.1chシステム「307PM-1」を加え、5月13日より発売する。価格はオープンだが、26万円前後での販売が予想される。

本製品は、同社が既に発売している5.1chパッケージスピーカ「307TH」の性能を最大限に発揮するために、高性能1bitアンプを搭載したAVレシーバと組み合わせ、ワンパッケージで高品位なマルチチャンネルサウンドやホームシアターが楽しめるようになっている。

AVレシーバには、CDの128倍に相当する毎秒560万回(5.6MHz)の時間分解能を誇る「高精度1bitΔΣ変調方式」のデジタルアンプを搭載。SACD、DVDビデオ&オーディオなど、次世代のオーディオフォーマットの再生にも対応するユニバーサルプレーヤーとなっている。タイムドメイン理論のスピーカシステムと5.6MHz1bitアンプ搭載のAVレシーバのコンビネーションが波形忠実再生を極め、圧倒的な空間再現力を発揮する。また、AVレシーバは各種デコーダの搭載により、5.1ch録音ソフトはもとより、テレビ放送や音楽CDなどの2chソースも臨場感溢れる5.1chサウンドで楽しめる。

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドFUJITSU TEN
  • 型番307PM-1
  • 発売日2004年5月13日
  • 価格\OPEN(予想実売価格26万円前後)
【SPEC】
<サテライトSP「307」>●ユニット:φ6.5cmフルレンジ ●本体色:ブラック/シルバー/ホワイト ●許容入力:定格12W/最大24W ●インピーダンス:8Ω ●能率/感度:80.0dB/W・m ●再生周波数:120Hz〜20kHz(−10dB) ●外形寸法:120W×162H×160Dmm ●質量:約1.2kg ●カラー:シルバー/ブラック/ホワイト
<サブウーファー「316SW」>●仕様:仕様:φ16cmサブウーファー(アンプ内蔵) ●外形寸法:236W×354H×301Dmm ●質量:約19kg ●カラー:シルバー
<AV レシーバ>●形態:SACD・DVD・CD・チューナ・アンプ ●構成:高精度1bitΔΣ変調方式 ●実用最大出力:総合120W(8Ω時) ●搭載デコーダ:ドルビーデジタル・DTS・AAC・ドルビープロロジックII ●映像出力端子:映像出力×1、S映像出力(S2対応)×1、D1/D2映像出力×1 ●音声入力端子:デジタル入力、光×1(テレビ)、同軸×1(外部音声入力)、アナログ出力 ピンジャック(L/R)×2(テレビ/ビデオ) ●音声出力端子:デジタル出力 光×1(外部音声出力)、アナログ出力 ピンジャック(L/R)×1、ヘッドホン出力 6〜50Ω(推奨32Ω)直径3.5mmステレオミニジャック×1、スピーカ出力 6チャンネル(4Ω〜8Ω)、サブウーファ出力 ピンジャック×1 ●消費電力:65W●外形寸法:368W×245H×122Dmm(スタンド部含む) ●質量:約3.6kg

関連記事