東芝「TransCube10」ファームソフトウェアをアップデート

2002年12月10日
TransCube 10
●(株)東芝は同社が販売する無線LAN対応のハードディスクレコーダ「TransCube 10」のソフトウェアバージョンアップモジュールを、本日よりdynabook.comのサイト上で公開している。

今回のバージョンアップにより、TransCube10への録画機能が、今までのiEPGによるPC経由とiモードによる携帯電話経由以外にも、付属リモコンからも出来るようになった。またTV録画予約や番組管理の専用ソフト「LIVE MEDIA for TransCube」今回バージョンアップされる。

■今回のアップデート内容
・付属リモコンを利用した録画予約
・「LIVE MEDIA for TransCube」のアルバム表示で録画した画質モードの表示
・「LIVE MEDIA for TransCube」で録画済みタイトルのダブルクリックでの再生

■アップデート方法
東芝のdynabook.comサイトよりアップデートファイルをダウンロード
・TransCube 10本体用(リモコン予約対応)
 LIVE MEDIAシステム設定からファームウェアアップデートを実行
・LIVE MEDIA for TransCube
 ダウンロードファイルのクリックでアップデートを実行

(Phile-web編集部)

関連記事