ソニー、低消費電力リコンフィギュラブル回路技術をネットワークウォークマン用LSIに採用

2002年12月10日
●ソニー(株)は、小型モバイル機器向け低消費電力型ダイナミックリコンフィギュラブル(動的再構成)回路技術「Virtual Mobile Engine」を開発、同技術を採用し小型化と大幅な低消費電力化を実現した新開発LSI「CXR704060」をネットワークウォークマン「NW-MS70D」に搭載した。

ダイナミックリコンフィギュラブル回路技術とは、機能分けされた回路を持たず、予め用意した幾つかの必要な回路ユニットの接続構成と動作設定をソフトウェアによって動作中に変えながら、その場に応じた回路として役割を果たすもので、同技術は、昨今、膨大なデータ処理を必要とし、且つ仕様変更への迅速な対応を求められる通信機器用途等での検討が進んでいるが、民生用モバイル機器向けLSIへの応用には低消費電力化が課題とされていたものだ。

(Phile-web編集部)

関連記事