東芝、デジタルカメラ「sora」「Allegretto」の新機種を発売

2002年09月17日
左:「sora T30」 右:「Allegretto 2300」
●(株)東芝は同社のエントリー層向けデジタルカメラの新機種として、新たに「sora T30」、「Allegretto 2300」の2モデルの発売を発表した。それぞれの価格と発売日に関しては以下の通りだ。なお「sora T30」についてはこのたび2色のカラーバリエーション機種が発売される。

◆「sora T30」:PDR-T30(H)[チタングレー] 10月上旬発売/PDR-T30(W)[シルキーホワイト] 11月中旬発売 \OPEN(予想実売価格5万円前後)
◆「Allegretto 2300」:PDR-2300 9月下旬発売 \OPEN(予想実売価格3万円前後)

「sora T30」は先頃発売された「T20」の上位モデルに位置付けられ、外観も前モデルと同じく香水ビンを模したスタイリッシュなフォルムを継承している。画素数も200万画素から324万画素へとパワーアップし、デジカメ愛好家にも満足できる製品となっている。タッチパネル式の背面液晶は更に明るく色鮮やかに、操作性も向上している。撮影した画像に手書きができるペイント機能も搭載し、画像をなぞるだけでズームや再生スクロールが可能な、なぞり機能も搭載している。

「Allegretto 2300」はハイコストパフォーマンスな200万画素クラスのデジタルカメラ。30代から40代のユーザーをターゲットにした製品であるという。静止画のみならず、最大15秒/回の動画撮影も可能である。またビデオ出力端子を備え、NTSCのみならず、海外旅行先などでも楽しめるPAL出力にも対応している。

両機種ともに同社のデジカメファンをいっそう拡充しそうな意欲的な商品である。

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番本文を参照
  • 発売日本文を参照
  • 価格本文を参照
【SPEC】
<PDR-T30>
●撮像素子:1/27型、324万画素CCD(有効画素数)
●記録媒体:SDメモリーカード
●レンズ:光学2倍ズームレンズ/F2.8W〜F4.0T
●入出力端子:DCIN端子/DC5V、DiGITAL端子/USB NTSC/PAL出力
●電源:専用リチウムイオン充電池
●外形寸法:54Wx108Hx29.5D mm
●質量:約170g(本体のみ)

<PDR-2300>
●撮像素子:1/27型、206万画素(有効画素数)
●記録媒体:SDメモリーカード
●レンズ:光学3倍ズームレンズ/F2.8W〜F4.0T
●入出力端子:DCIN端子/DC5V、DiGITAL端子/USB NTSC/PAL出力
●電源:単3型電池4本
●外形寸法:110Wx51Hx68D mm
●質量:約230g(本体のみ)

関連記事