アイ・オー、カード内の画像をTVに出力できるメモリーカードリーダー/ライター

2002年09月02日
“EasyTheater”「EST-DPRW」
●(株)アイ・オー・データ機器は、メモリーカード内の画像をテレビに出力することができるメモリーカードリーダーライター“EasyTheater”「EST-DPRW」を10月上旬より発売する。価格は9,800円。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 (Second Edition含む)、Mac OS 9.0.4〜9.2.2/Mac OS X 10.1〜10.1.5。

本機はスマートメディアとコンパクトフラッシュに対応。マイクロドライブにも対応している。USBでパソコンと接続し、メモリーカードリーダー/ライターとして使えるのはもちろん、本機だけで画像ファイルをテレビやプロジェクターに出力できる。対応している画像フォーマットはJPEGのみ。

添付のリモコンを使って、サムネイル表示やスライドショー、画像のズームもできるので、PowerPointなどのスライドをJPEG形式で保存するなど工夫をすれば、コンパクトなプレゼンテーションツールとしても活用できる。

また、店頭に置いたテレビに接続し、商品の説明をスライドショーでリピート再生するなどという使い方も可能だ。(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドI-O DATA
  • 型番EST-DPRW
  • 発売日10月上旬
  • 価格¥9,800
【SPEC】 ●TV出力:ビデオ端子×1(NTSCコンポジット) ●メモリカードスロット:CF Type IIスロット×1、スマートメデディアスロット×1 ●対応画像フォーマット:JPEG ●消費電力(通常時):500mA ●外形寸法:120W×22H×105Dmm ●質量:約150g(本体のみ)

関連記事