富士通テン、卵型ホーム用スピーカシステム「ECLIPSE TD」を英国で販売開始

2001年12月21日
●富士通テン(株)は、英国に同社のホーム用スピーカシステム「ECLIPSE TD(イクリプス ティーディー)」を輸入・販売する現地法人「ECLIPSE TD(UK)Ltd」を設立、12月19日(現地時間)にロンドンの“アビーロードスタジオ”において、音楽業界の関係者を招待して開所式を執り行い、翌12月20日(現地時間)より、英国向けの販売を開始した。
 
英国は、世界の音楽産業界をリードする国としてスタジオレコーディング機材やスピーカ等が世界的に認められている。また、高級ホームオーディオの有名メーカーも多く、富士通テンでは、「ECLIPSE TD」のブランドイメージを構築するために、英国市場で評価されることが必要であると判断したもの。

「ECLIPSE TD」は、タイムドメイン(時間領域)理論に基づき、ピアニストの指のタッチ、ヴォーカルの息づかい等、音源に刻み込まれた原音の再生を限りなく追求したホーム用の卵型スピーカと、この性能を最大限に引き出すパワーアンプで、2001年4月に日本で発売された画期的なスピーカーシステム。 9月にはロンドンで開催されたHi-Fiショーに参考出展されている。

今回販売する製品は、現在日本で販売しているラインナップと同様。販売はインターネットhttp://www.eclipse-td.co.uk/(契約取り扱い販売店から申し込みが可能)で行われ、富士通テンでは、今後英国における高級ホーム用スピーカ市場のシェア5%獲得を目指していくとのことである。(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事