EIZOから高画質と省スペースを両立させた液晶ディスプレイ登場

2001年12月07日
●複数台をタイリングする金融ディーリングルームやデュアル・スクリーン環境に適したプロフェッショナル/コーポレート向け液晶ディスプレイがナナオから発売された。「FlexScanL685」は高性能液層パネルに電源部のコンパクト化と背面収納化、ベゼル幅の薄型化による省スペース設計を行ったもので、12月25日に発売される。

金融ディーリングルームでのタイリング・ディスプレイ環境や話題のデュアル・スクリーン環境など、多様化するビジネス用途やマルチアプリケーション対応へのソリューションをコンセプトに、広い視野角で低色度変位対応の最新TFT液晶パネルに、色再現性の拡大、DVI-Iコネクターのデュアル装備、さらにはマルチモニター環境に適したスリムでコンパクトなSlimedgeテクノロジーによるキャビネットデザインなどが特徴だ。

(AVレビュー編集部)


関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドEIZO
  • 型番FlexScanL685
  • 発売日12月25日
  • 価格OPEN
【SPEC】●サイズ:46cm(18.1)型(可視域対角45.9cm) ●パネル:カラーTFT液晶パネル(低色度変位タイプ) ●画素ピッチ:0.2805mm×0.2805mm ●最大表示色:1677万色 ●最大輝度:250cd/m2 ●コントラスト比:400対1 ●画像調整機能:オートアジャスト、クロック、フェーズ、表示位置、解像度、コントラスト、輝度、信号フィルター、拡大モード、スムージング、ボーダー輝度設定 など ●消費電力:56W(節電時5W以下) ●外観寸法:本体399W×404〜504H×203Dmm ●質量:8.0kg 

関連記事