東芝と新日鐵が、業界初テレビ用プラスチックのリサイクル技術を開発

2001年12月04日
●株式会社東芝および新日鐵化学株式会社は、両社共同によりテレビ用プラスチックのリサイクルについて検討を進め、このたび、成形性・物性・外観などについて、バージン材料と同等の性能が得られるマテリアルリサイクル技術を確立した。

今回開発した技術により、使用済みテレビのプラスチックを、再びテレビへ戻すというクローズド・マテリアルリサイクルのループを構成することが可能となった。これにより廃棄物としての排出が大幅に減量され、ゼロエミッションに大きく近づくものである。
 
従来、使用済みテレビの筐体を構成するプラスチックは、ほこりやラベルなどの異物や塗装などの除去が困難であったため、再生時における成形性・物性・外観などがバージン材料に比較して劣っており、このことがリサイクルの障害となっていた。
 
今回開発した技術は、ほこりやラベルなどの異物や塗装を除去する歩留まりの高い乾式洗浄技術と、再生樹脂の成分を調整するコンパウンド技術との融合によるもの。この技術をベースにこれまでにない新たなリサイクルループの構成が可能になった。
 
今回の技術を導入することによって、現在、製品重量比で55%以上と定められているテレビのリサイクル率のさらなる向上が可能になる。今回確立されたテレビ筐体プラスチックのリサイクルシステムとしては、家電リサイクル工場で材料別に分別・破砕したプラスチックを、新日鐵化学において新開発の乾式洗浄を行い異物を除去。その後、バージン材と混合させて、物性や成形性を調整したうえでペレット化し、リサイクル材として、テレビの筐体に再利用するということになる。

こうした使用済みテレビのプラスチックを再びテレビへ戻すマテリアルリサイクル技術の確立は、業界で初となる。両社は、まず東芝のグループ会社の西日本家電リサイクル株式会社や株式会社テルムで回収した使用済みテレビを対象に、本リサイクルシステムをスタートする計画だ。さらに両社では今後、廃プラスチックの排出量削減に向けて、本技術の他製品のプラスチックリサイクルへの応用についても積極的に検討を進めていく。(Phile-web編集部)

関連記事