シャープから液晶プロジェクター<XG−P10XJ>発売!

2000年09月27日
●シャープは、高輝度3000ANSIルーメンを実現したポータブルサイズの液晶データビジョン<XG−P10XJ>を新発売する。1.3型TFT液晶パネル(解像度1024×768)を3枚使用し、XGAリアル表示が可能なほか、独自開発表示回路「AICS(AdvancedIntelligent Compression System)」の採用により、UXGAモード(1600×1200)の高解像度も滑らかな高品位画像で圧縮(コンプレッション)表示できる。また、本年12月より本放送が開始されるBSデジタル放送の入力にも対応した。セミナー・会議での使用やノートパソコンと組み合わせたモバイルプレゼンテーションなど、多彩な使用シーンで高画質画像を色鮮やかに再現するマルチメディア対応のプロジェクターである。

本機は独自の光学メカと200WのUHPランプ採用により、3000ANSIルーメンの高輝度を実現。セミナーや会議、講演会での使用時に特に威力を発揮する。また、高精細XGA(1024×768)液晶パネルを採用。独自開発表示回路「AICS(Advanced Intelligent Compression System)」の採用により、UXGAモード(1600×1200)まで滑らかに圧縮表示できる。S映像端子、コンポーネント入力端子を装備。別売のBSデジタルチューナーなどを接続し高画質映像を投影可能(1125i/750pは、圧縮表示)。多様な設置シーンにフレキシブルに対応しており、ギザギザ感の少ない滑らかな台形補正が可能な「新デジタルキーストーン補正」、接続するパソコンにより微妙に異なる同期をすばやく最適に調整し、スピーディなセッティングと見やすい画像を実現する「自動同期調整」機能などをもっている。(ホームシアターファイル編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドSHARP
  • 型番XG−P10XJ
  • 発売日10月2日
  • 価格\1,300,000
【SPEC】】●液晶パネル:1.3型高温ポリシリコンTFT液晶パネル×3枚、TFTアクティブマトリックス駆動方式、総画素数2,359,296ドット(1,024×768×3) ●レンズ:1.3倍電動ズームレンズ F1.7〜2.3 f=49.1〜63.8mm ●ランプ:200WUHP ●明るさ:3000ANSIルーメン ●コントラスト比:250対1 ●消費電力:300W(リモコン待機時4W) ●外形寸法:261W×139H×356Dmm ●質量:約7.3kg

関連記事