日立から液晶プロジェクションテレビ「ビッグスリム48」発売

2000年09月20日
液晶プロジェクションテレビ「ビッグスリム48」 W48-LC2000
●日立製作所デジタルメディアグループは、新開発の「ピュアカラーオプティカルシステム」を採用したワイド48型液晶プロジェクションテレビ「ビッグスリム48(W48−LC2000)」を11月20日から発売し、大画面プロジェクションテレビのラインアップを強化する。本機は、ワイドアスペクト表示用に新規開発した光学エンジンにより、高輝度を維持しながら、赤、緑、青各色の色純度向上を実現、質感の高い映像を再生する。また、48型ワイド大画面テレビでありながら46センチの薄型で、部屋のコーナー設置時には従来の29型テレビと同等の設置性を実現する。

デジタル映像の普及が拡大する現在、今年末開始予定のBSデジタル放送はワイドアスペクト(16:9)であるハイビジョン映像を中心とした放送が予定され、更にDVDに代表される高画質デジタル映像機器で再生できる映像ソフトも、映画を中心としたワイドアスペクトのコンテンツがますます増加する傾向である。また、これらデジタル高画質映像の普及に伴い、大きな画面で映像を楽しむことを目的としたホームシアターの実現がより身近になることが予想される。このような市場に対応し、日立は昨年52インチの大画面で高輝度・高コントラスト・広視野角を実現した「C52−LC1」を商品化した。本機の大きな特長である「大画面」そして家庭内設置を考慮した「省スペース」が大変高い評価を受けた。そこで、省スペース性を継承しながら画面をワイドアスペクト化、更に色の再現性を高めた高画質液晶プロジェクションテレビ「W48−LC2000(ビッグスリム48)」を発売する運びとなった。

今回発売する液晶プロジェクションテレビ「ビッグスリム48」は、ワイドアスペクト用に新規開発した光学エンジンの採用により、赤、緑、青各色の色純度向上を実現、質感の高い鮮やかな映像を再生します。現行放送画質(走査線525本)をプログレッシブ化する「プログレッシブスキャン」機能の採用はもちろん、地上波で現れやすいゴースト障
害を軽減する「デジタルGR(ゴーストリダクション)」機能を採用している。更にコンポーネント入力端子を2系統装備(内1系統はD3端子)することでBSデジタルハイビジョンチューナーからの映像を接続して楽しめる。

本機は、高輝度、高コントラストそして色純度の向上を実現した新光学エンジンを採用。その内容をみてみると、質感の高い映像を再生する「ピュアカラーオプティカルシステム」の採用がまずあげられる。昨年7月発売の「C52−LC1」で採用した「液冷直結投写 システム」による高コントラスト化、「ハイフォーカス短焦点投写システム」による高輝度化の実現は、市場で高い評価を得ていたが、この高性能光学エンジンをワイドアスペクト表示用に新規に開発し、赤、緑、青各色の色純度を高めた質感の高い映像を再生できる「ピュアカラーオプティカルシステム」を採用した。これまで、色純度と画面 の明るさは相反する性能であるため、両立が困難であったが、本機に採用した新開発マルチレンズにより、ランプ光をワイドアスペクトサイズに収束して高輝度とした光束を、新開発ダイクロイックミラーで色純度の高い赤、緑、青の波長を選択して液晶パネルに投写している。その結果、色の再現性が良く、質感の高い高画質映像を再現できる。また、本機にはレンズと液晶パネルの間をガラスに近い屈折率の冷却液(エチレングリコール)で結合し、空冷式で生じていた空気の層と液晶パネルの境界面 を無くし、不要な反射を抑えて高コントラストな映像を実現する「液冷直結投写 システム」を採用している。放熱板も併用することで、液晶パネルと偏光板を効率良く冷却できるため、高画質と高信頼性を実現している。さらに、非球面プラスチックレンズとガラスレンズを最適に構成した独自の11枚構成超広角ハイフォーカスレンズを採用して焦点距離を短くした「ハイフォーカス短焦点投写 システム」を採用。省スペース化と高輝度・ハイフォーカスを実現している。

本機には、また、高精細画質を生み出す各種のデジタル映像処理技術が採り入れられている。今年末放送開始予定のBSデジタル放送を高画質で楽しむことができるコンポーネント入力端子を2系統装備。そのうち1系統は業界統一規格であるD3端子を搭載している。そのため、BSデジタルハイビジョンチューナーやDVD等を高画質で接続することが可能である。BSデジタル放送では1125i(1080i)、525p(480p)、525i(480i)といった異なる映像信号が送信される。これらの入力に対して放送方式やアスペクト比等を自動的に判別して映像を再生する。また、日立が独自開発したプログレッシブLSIの搭載により、目にやさしい高画質を実現。細かなグラフィック表示や、小さな文字が画面 に出た時に目立つ横線の揺れ(フリッカー)を、大幅に改善している。地上波受信時に受信状態が不安定な場合に目立つノイズを低減し、さらに輝度信号と色信号の輪郭補正機能により、くっきりとした映像を実現するLSI(PII−LSI)もあわせて採用している。さらに、地上波で現れやすいゴースト障害は、多重映りや縦じまなどの現象を引き起こし、コントラストや輪郭、色あいにも障害をもたらすが、この障害をデジタル処理により軽減、クリアで美しい映像を再現する。この他、従来に比べて4倍の階調で映像表現が可能になった「4メガ10bit3次元Y/C分離回路」の採用、多メディア時代に対応した多画面 機能「マルチウインドウ」の採用、ホームシアターにふさわしい高音質設計、大画面テレビの設置性を追求したコンパクトデザイン軽量化の実現及びエコマテリアルを使用したハイブリッドキャビネットの採用などが特長としてあげられる。(ホームシアターファイル編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドHITACHI
  • 型番W48−LC2000
  • 発売日11月20日
  • 価格\580,000
【SPEC】】●液晶パネル:1.6型単板式SVGAポリシリコンTFTアクティブマトリクス ●光源:超高圧水銀ランプ(100W) ●NTSC走査方式:プログレッシブスキャン ●高画質化回路:4メガ10bit3次元Y/C分離回路、デジタルGR(ゴーストリダクション)回路 ●受信チャンネル及びチューナー数 BS:1〜15ch、CATV:C13〜C35ch、VHF・UHF(VHF:1〜12ch,UHF:13〜62ch) ●マルチウインドウ:2画面/4画面 ●ワイド機能:ジャスピタッ・フルオートワイド ●音声出力:12W+12W ●スピーカー:12cm×2個、5cm×2個 ●端子:コンポーネント入力2系統(Y,Pb/Cb、Pr/Cr端子1系統、D3端子1系統)、ビデオ入力4系統(ビデオ4はコンポーネント入力1と兼用)、S2ビデオ入力3系統3端子、BS/モニター出力1系統1端子 ●外形寸法:114.4W×108.7H×46.3Dmm ●質量:51.1kg ●消費電力:180W ●待機時消費電力:1.3W

関連記事