HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

「期待以上の効果でした」

日東紡音響のルームチューニング材「シルヴァン」ユーザーを訪ねる − パラゴンやGIYAの鳴り方はどう変わった?

2012年06月01日
 
宮下さんの愛聴盤のひとつ。CDはカウンター・テナー、スラヴァの『アヴェ・マリア』、LPはシャルル・アズナブールの厚生年金会館での録音(1968年)。演奏の内容はもちろん、日本の録音レベルの高さが実感できる1枚という

この記事の画像一覧


関連記事