HOME > インタビュー > 記事

インタビュー

<山本敦のAV進化論 第171回>

クリエーターに「すごい!」と言わせる映像を。ソニーとNetflixがテレビ開発で手を組んだ理由

山本 敦

前のページ 1 2 次のページ

2018年12月12日
2018年にソニーが発表したBRAVIAのフラグシップ「MASTER」シリーズに搭載された「Netflix画質モード」については、以前にこの連載でも紹介したことがある(関連記事)。

今回、Netflixとソニーのキーパーソンを取材する機会を得て、あらためてNetflix画質モードが、これからのVODコンテンツとテレビにとって大きな意味を持つ高画質化技術であることが見えてきた。Netflixで新作映画『クリスマスクロニクル』を発表した監督・脚本家・プロデューサーのクリス・コロンバス氏に「Netflix画質モードへの手応え」も聞いている。あわせてお届けしよう。

「Netflix画質モード」についてキーマンにインタビューした

はじめにNetflix画質モードとは何かをおさらいしておこう。ユーザー視点で見ると「テレビでNetflixを高画質に楽しむための映像モードのひとつ」である。そもそもがNetflixとソニーが共同で開発している技術だからということもあるが、この後で説明する様々な理由によって、今のところ利用できるテレビがソニーの「MASTERシリーズ」のA9FとZ9Fに限られている。

そして、このNetflix画質モードは、見方を変えれば作品のクリエーターにとって革新的な技術でもある。それはNetflixがリファレンスとする制作環境で、クリエーターが確認してお墨付きを与えた映像を、ユーザーが家庭のテレビで「ありのままの雰囲気」を保ちながら楽しめるように設計された画質モードだからだ。その仕組みについては後述する。

Netflix画質モードの使い方は非常にシンプルだ。ブラビア「MASTER」シリーズを購入後、箱を空けてテレビをセッティング、最初にNetflixを立ち上げると画面に「Netflix画質モードをオンにするか」を訊ねるダイアログが表れる。ここでオンを選択するだけで、ほかには何の操作も要らない。

Netflix画質モードは、Netflixで配信されているすべてのコンテンツに対して効果が現れるので、基本的には「オンにしたまま使う」ことが推奨されている。マニュアル操作でオフにすることもできるので、画質の違いを見比べてみても面白そうだ。オン・オフの切替えはテレビの映像メニューからアクセスする。

「Netflix画質モード」は初期設定でオンにすることで、以降は設定を必要とせずオンのまま使用できる

11月下旬にNetflixが開催した説明会で、Netflix画質モードの効果をAF9シリーズを見ながら確かめることができた。視聴したコンテンツは『クリスマスクロニクル』だ。テレビのメニューから映像のオン・オフを切り替えると、色乗りが鮮やかさを増して、ディティールの鮮鋭感も引き立ってくる。これがクリエーターにとっては “わずかながらも大きい” 画質の差になるわけだが、ユーザーの目で見ても感性領域に訴えかけてくるものを感じられる。映像への親近感が湧いてくるのだ。物語の世界に入り込みやすいし、映像の透明感、温かみのようなものが漂ってくる。「フィルムライクな感じ」と言えばニュアンスが伝わりやすいだろうか。

今回はNetflix画質モードの開発に携わった、Netflixとソニーのキーパーソンに話を聞くことができた。まずはNetflixのバイス・プレジデント デバイス・パートナーエコシステムのスコット・マイラー氏に、Netflix映像モードを立案したきっかけを訊ねた。

“美しい映像”の原点は「クリエーターが意図した映像の画質をありのまま再現すること」とスコット・マイラー氏

「いまNetflixは計190の地域と国で、1億3,000万人以上の有料メンバーに視聴いただいています。私たちが重視していることは、お客様に高品位なコンテンツを手軽に楽しんでいただくことです。そのために最先端のテクノロジーを駆使して、画質向上とユーザーインターフェースの改善に日々取り組んでいます」

「クオリティアップについては画質・音質の双方からアプローチしていますが、映像の側で近年のフォーカスを挙げるなら、代表的なものでは4KやHDR対応を加速しています。画質については、Netflixに公開されている作品のクリエーターが意図した映像の画質を、ありのまま再現することが “美しい映像” の原点であると私たちは考えます。これを極めてシンプルな手段で実現する機能がNetflix画質モードなのです」(マイラー氏)。

Netflixのプラットフォームで公開されている作品のうち、現在4Kコンテンツの約2割がHDR対応となり、HDR対応作品のすべてが4K解像度になっているという。マイラー氏は、いま世界中で4K/HDR対応のテレビが家庭に普及してきたことを受けて、Netflixとして今後も4K/HDRコンテンツの拡充に注力していきたいと述べている。

今回のNetflix画質モードはソニーと共同開発した技術なので、同様のコンセプトに立った機能が他社のテレビに乗ることは、しばらくの間は考えにくいだろう。BRAVIAの他のラインナップに展開する可能性については、このあとソニーの担当者に回答いただいている。

Netflix高画質モードと同じコンセプトに立った機能がスマホやタブレットで実現することはあるのかをマイラー氏に聞いてみると「すべてのスクリーンデバイスで可能性を検討している」との答えが返ってきた。

続いてBRAVIAの画づくりのマイスターとしてもお馴染みである、ソニービジュアルプロダクツ(株)TV事業部 技術戦略室 主幹技師 小倉敏之氏に、ソニーの側から見たNetflix画質モードの制作意図と画づくりのポイントを訊ねた。

映画館では体験できない、テレビならではの映像の魅力

前のページ 1 2 次のページ

関連記事