HOME > 音元出版刊行雑誌> AV-REVIEW > 10月/11月号(2018年)

音元出版刊行雑誌

AV REVIEW

AV REVIEW

Vol.270  2018年10月/11月号

AV REVIEW

2018年9月15日全国一斉発売! チラ見するAmazonで買う Fujisanで買う

定価980円


定期購読のお申し込みはこちらまで

<お詫びと訂正>

AV REVIEW Vol.270(2018年10/11月号)にて誤りがございました。

・75P 「今知るべき! 高画質 放送&配信 徹底ガイド」の記事にて誤りがございました。U-NEXTの4K動画視聴の推奨回線速度「3Mbps」となっておりますが、正しくは「25Mbps」となります。

・125P 「BDクオリティチェック」の記事にて誤りがございました。作品名が『サテリンコ』となっておりますが、正しくは『サテリコン』となります。

読者の皆様、関係者の皆様にお詫びして訂正いたします。

Vol.270 2018年10月/11月号

4K8K放送開始を目前に控え、ますます盛り上がりをみせる4K有機ELテレビや4Kプロジェクター、また臨場感あふれるイマーシブサウンドを実現するスピーカーシステムやAVアンプまで、秋の新製品が大豊作です。巻頭特集は「新製品祭 2018 Autumn」と題し、今秋に注目すべき「厳選20モデル」を本誌執筆陣が隈なくチェック! 渾身のレビューをお届けします。 そして第1特集「相性ガチンコ検証 売れ筋モデル×注目コンテンツ」では、AVファンの話題を集めたトレンドモデル群と必見・必聴ソフトを組み合わせて検証。これを読めばハードとコンテンツの相性が一目でわかります。 第2特集には、いよいよ12月1日にスタートする4K8K放送に先駆けて「今知るべき!高画質 放送&配信 徹底ガイド」をお届け。4K8K放送はもちろん、各社さまざまな提案で人気を集める動画配信も解説。さらなる高画質化を実現した放送と配信の“今”に迫ります。Special Newsも注目。JVCからは民生機初となる8Kプロジェクター、ヤマハからはAVプリ/パワーアンプのフラグシップモデルが登場するなど、オーディオビジュアルをさらに盛り上げる超弩級モデルの第一報をお伝えします。「鴻池賢三の6畳100インチシアター学」、「市川二朗のしあわせ劇場」など、人気連載記事も掲載中です。秋の夜長にじっくりと読みたい製品情報や4K8K放送情報が盛りだくさんのAVレビュー最新号Vol.270は9月15日(土)発売です。ぜひお楽しみください!

目次2 目次1
画像をクリックして拡大

巻頭特集

厳選20モデルを観た!聴いた!
2018年秋のAV新製品を大紹介

今秋、4K有機ELテレビを始め、4Kプロジェクター、ヘッドホンやAIスピーカーなど、幅広いジャンルから新製品が登場。本特集では“新製品祭”と題して、国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器のアワード「VGP20019」でも期待されている、絶対注目の新モデルを、クオリティチェックと共にお届けします。

画像をクリックして拡大

第1特集

売れ筋モデル×注目コンテンツ
相性がわかる! ガチンコ検証

2018年、オーディオビジュアルファンの話題を集めた、「4K有機ELテレビ」、「Ultra HDブルーレイプレーヤー」、「ミドルクラスAVアンプ」の3ジャンル。クオリティや先進性を極めたモデルだけではなく、ボリュームゾーンにおいて最高のコストパフォーマンスを実現したモデルも注目を集めました。そこで本特集では、売れ筋モデルの代表3機種の実力をチェックするべく、UHD BDから動画配信、映画からハイレゾまで、ソフトとの相性をガチンコ検証します。

画像をクリックして拡大

第2特集

4K8Kの時代がついに到来!
高画質な放送&配信を徹底ガイド

2018年12月1日、新時代の映像体験をもたらす「新4K8K衛星放送」がついにスタートします。4K8K放送は、超高精細な映像、正確な色再現、忠実な光の描写など、リアルな映像体験を実現しています。さらに、ますます盛り上がりをみせる配信サービスもご紹介。高画質化した新世代となる「放送&配信」の今を徹底解説します。

画像をクリックして拡大

連載

超弩級! JVCの8Kプロジェクターや
ヤマハのプリ&パワーアンプが登場

プロジェクター、そしてAVアンプは、オーディオビジュアルのシンボルと言える機器です。今冬、その2大ジャンルから超弩級のモデルが誕生します。JVCの民生機初となる8K対応プロジェクター、そしてヤマハのAVプリ/パワーアンプのフラグシップモデルです。その第一報をお届けします。


連載

話題のLG「CineBeam」の検証など
今号も充実の人気連載を掲載します!

連載「鴻池賢三の6畳100インチシアター学」では、革新的な設置性とコンセプトを備えたLGプロジェクター「CineBeam」の最新モデルに迫ります。そして、連載「市川二朗のしあわせ劇場」では、最新の4K有機ELテレビや4Kプロジェクターを使用し、Ultra HDブルーレイの画質を検証します。

画像をクリックして拡大
画像をクリックして拡大

好評連載中

  • AV REVIEW厳選5つ星プロダクト
  • 市川二朗のしあわせ劇場
  • 鴻池賢三の6畳100インチシアター学
  • 山本 敦の「デジタルAVフロントライン」
  • 折原一也の“突撃”4K・8K/HDR最前線
  • <Audiophile Vision>
  • 山之内 正の“音の環”
  • 岩井 喬の「良音の方程式」
  • 生形三郎の「スピーカージャーニー」
  • オーディオ“旬感”ビギナーズガイド
  • 秋山 真のオーディオ研究所
  • ピュアオーディオ・アクセサリー
「クオリティ&使い勝手 徹底検証マガジン」 隔月刊 AV REVIEW Vol.270(10/11月号) / 定価 980円 (税抜)  / 平成30年9月15日発売
好評発売中
バックナンバー詳細