[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第187回】ポータブルDAP+スマホの2台使い、持ち物を増やさずどこまでスマートに運用できるか?

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2017年04月21日
現実的なポータブルオーディオの“正義”を目指す

ポータブルオーディオ。その本質の一つはもちろんポータブル性だ。「持ち物をシンプルに少なくできるのは正義!」である。しかし昨今、その正義を貫くことが難しくなりつつある。その正義を阻害し始めている要素は、スマートフォンやポータブルプレーヤーとイヤホンの接続方式の乱立であり、それによるケーブル周りの極端な多様化だ。

……混乱!

プレーヤー側の送り出し方式として有力なものは、ざっと以下のようなところだろうか。
●イヤホン端子シングル駆動|3.5mm端子
●イヤホン端子バランス駆動|2.5mm or 4.4mm端子など
●Lightning端子|iPhone(今後はUSB-C接続も増加?)
●Bluetooth|ワイヤレス

このあたりが乱立してくるとポータブル性が阻害される。その理由とは一体なんだろうか?

左から、3.5mmシングルエンド、3.5-2.5バランス駆動変換、2.5mmバランス駆動、Lightning、Lightning-3.5変換

例えばユーザー像として「音楽は音質重視でポータブルプレーヤーで聴く。でもストリーミングやラジオは通信環境のあるスマートフォンで聴くことになる」というユーザーを考えてみよう。

音質重視でポータブルプレーヤーでの音楽再生を選ぶなら、そこにはバランス駆動という選択肢も入ってくる。だがそのためにバランス駆動対応ケーブルにリケーブルすると、その状態のままではスマートフォンに接続できなくなってしまう。

バランス駆動偏重ではなくシングルエンド駆動でちゃんと良い音のするプレーヤーもあるからそれを使えば?という意見もあるだろう。……たしかにこれまではそれで良かった。しかしiPhone 7以降の時代、スマホ側に「普通のイヤホン端子」さえも用意されない例は増えてくるだろう。

そうなると、変換アダプタを追加したりケーブルを使い分けたりしなければならないケースが増えてくる。「持ち物をシンプルに少なくできるのは正義!」とは相容れない状況だ。

だが現実から目を逸らして理想を唱えるだけの正義には実行力も魅力もなく、それを唱え続けていても仕方ない。この現状における妥協点、現実的な“正義”を模索せねばならない。

そこで今回は前述の、「音楽は音質やファイル管理のしやすさ重視でポータブルプレーヤーで聴く。でもストリーミングやラジオはスマートフォンで聴くことになる」というユーザー像をサンプルとして、プレーヤーとイヤホンの接続方式のどのように使い分けるのがシンプルで合理的なのか、ケーススタディ的に考えてみよう。

「スマホ側にイヤホン端子がない」場合の接続方式を考える

前のページ 1 2 3 4 次のページ