HOME > レビュー

レビュー

2017年07月21日の更新情報

【第194回】まとめてやります!「ポタ研&ポタフェス2017夏」高橋敦の“超個人的”ランキング ベスト5
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
本連載の恒例となっているポータブルオーディオイベントの「個人的注目アイテム勝手にランキング」企画。今回はポタ研とポタフェスが連続週開催となったために両方まとめて一気に紹介いたします。

大反響企画 後編: ダイソーでオーディオの音を最も良くするグッズはコレ! − コスパ賞大発表 −
栄冠はどの商品に?
100円ショップでオーディーアクセサリーとして“使える”グッズを探す企画、今回はコスパ賞を発表する。

【製品批評】STROMTANK「S5000」 ー 大容量バッテリーを採用したオーディオ専用クリーン電源システム
アンプとの組み合わせで圧巻の力感
本日の製品批評は、貝山知弘氏によるSTROMTANKのクリーン電源システム「S5000」をお届けする。

2017年07月20日の更新情報

Unique Melody「MASON IIカスタム」を聴く ー 卓越した表現力を備えた12ドライバーモデル
オープンBAドライバーを搭載
Unique MelodyのカスタムIEM「MASON II」を編集部・小澤がレビュー。卓越した表現力を備える12ドライバーモデルの魅力を分析する。

【製品批評】Burmester「101 Integrated Amplifier」 ー アナログ電源でクラスDアンプの音質をさらに昇華
CDプレーヤー「102」との使用を想定
本日の製品批評は、角田郁雄氏によるBurmesterのプリメインアンプ「101 Integrated Amplifier」をお届けする。

2017年07月19日の更新情報

【製品批評】LUXMAN「LX-380」 ー 6L6GCをプッシュプルで採用、伝統ある38シリーズの真空管プリメイン
これが真空管アンプ本来の音
本日の製品批評は、石原 俊氏によるLUXMANの真空管プリメインアンプ「LX-380」をお届けする。

話題のOPPO「Sonica DAC」を遊びつくす! アクセサリーで音質グレードアップに挑戦
【特別企画】ケーブルやインシュレーターを交換
ESS Technologyの最上位DACチップ「ES9038PRO」を搭載したOPPOのUSB-DAC/ネットワークプレーヤー「Sonica DAC」。本機を自腹購入した逆木 一氏が、ケーブルやインシュレーターなどアクセサリー交換でその音質をさらに追い込み、効果を検証する。

装着感◎の小型イヤホン+定評のNC機能が一つに! AKG「N20NC」レビュー
独自の騒音キャンセリング回路搭載
最近はBluetoothやLightning対応イヤホンが台頭しているが、イヤホン端子搭載のスマホを使う人もまだ多いだろう。今回はイヤホン端子接続で音も良く、通勤時の騒音も低減してくれるノイズキャンセリング機能搭載モデル、AKG「N20NC」の音質をレビューする。

2017年07月18日の更新情報

【製品批評】ELAC「Miracord 90」 ー 現代の技術で蘇ったアナログプレーヤー
新旧の技術を融合させた創立90周年記念モデル
本日の製品批評は、井上千岳氏によるELACのアナログ・プレーヤー「Miracord 90」をお届けする。

VGP2017 SUMMER 総合金賞受賞! パナソニック「ビエラ EZ1000」&「全自動ディーガ UBX7030」の魅力
【特別企画】評論家2名が実力徹底チェック
優れたAV機器を選出する「VGP」最新版で総合金賞を受賞したパナソニックの4K有機ELテレビ「ビエラ EZ1000」とBDレコーダー「全自動ディーガ UBX7030」の魅力を、2名の評論家が徹底解説!

全自動×UHD BD。AVファンが待ち望んだ“DIGA” ー パナソニック「UBX7030」誕生
【特別企画】さらに進化した全自動ディーガの魅力に迫る
録画予約いらずの「チャンネル録画」を備え、ベストセラーとなっているパナソニック「全自動ディーガ」が、この夏、さらなる進化を遂げた。新たにUltra HDブルーレイ再生に対応するなど、画質にも磨きをかけたVGP総合金賞モデル「DMR-UBX7030」の魅力に、折原一也氏が迫る。

ハリウッドが認めた圧巻の高画質。パナソニックの有機ELテレビ“VIERA”「EZ1000」の魅力
【特別企画】VGP審査員の鴻池賢三氏が真価を語る
パナソニック「VIERA(ビエラ)」に加わった、新たなるフラグシップ「EZ1000」。VGP総合金賞に輝いた、この名機の真価を、審査員の鴻池賢三氏が語る。

2017年07月17日の更新情報

iFI-Audio「Pro iESL」最速レポート ― これまで気づかなかったヘッドホンの新たな魅力にたどり着ける
コンデンサー型に、新たな可能性もたらす「エナジャイザー」
iFIオーディオのフラッグシップである「Pro」シリーズ。そのファーストモデルであるヘッドフォンアンプ「Pro iCAN」に続くProシリーズ第二弾として登場するのが、コンデンサー型(静電型)ヘッドフォン用トランス結合エナジャイザー「Pro iESL」だ。

2017年07月14日の更新情報

ティエン「TT3」を聴く ー “アナログの達人”が理想を具現化させたアナログプレーヤー
3基のモーターを搭載
ティエンオーディオは台湾のレコードプレーヤー・メーカーである。創業は2002年。日本には今回が初上陸となるが、15年ものキャリアを持つことになる。開発者の名はジェフ・ティエン。同氏のアナログへのこだわりは相当なもので、これまで数多くの銘機と呼ばれるハイエンドプレーヤーの販売や修理、調整を行っているうちに、自身のレコードプレーヤーの理想にたどり着いたという。その理想を具現化したのが、TT3だ。

アクティブに0Vを作るオーディオ・アース「GROUDING NOISE REDUCER」の効果とは? 福田雅光がレポート
注目ブランドが日本上陸!
『オーディオアクセサリー』164号の『福田屋』では、バーチャルアース(仮想アース)についてそのメリットに触れた上でその製品群をテストしたが、またひとつ、このジャンルに新しい製品が上陸した。テロスという台湾のブランドのGround Noise Reducer(GNR)という機器である。まだまだ日本に上陸したばかりということもあって、仕組みそのものは公開されていない部分もあるが、今回、初めてそのテストを行うことになった。

【製品批評】BERGMANN「Galder/Odin」ー 独自エアーベアリングでレコードから理想の音を引き出す
空気の力でプラッターを支え振動を徹底排除
本日の「製品批評」では、BERGMANNのアームレス・ターンテーブル「Galder」とリニアトラッキング・トーンアーム「Odin」を角田郁雄氏がレビューする。

“大人目線”のポータブルオーディオ ー Auraのイヤホン「Marble」と除電ケース「Tornado」をチェック
【特別企画】オーディオファンも納得するデザインとクオリティ
英国のオーディオブランド Auraが、新たにポータブルオーディオ製品ブランドとしてAura Portableを立ち上げた。その第一弾となるイヤホン「marble」と除電イヤホンケース「Tornado」を、野村ケンジ氏がレポートする。

“海上プロデュース” ラズパイオーディオ用ケース、仕様を磨いた最終試作がポタフェスに登場!
海上忍のラズパイ・オーディオ通信(34)
7月15日から16日の2日間、ベルサール秋葉原で開催されるポタフェスにて、筆者プロデュースにより製作を進めていたRaspberry Pi用ケースとDACボードの量産前最終試作品を展示できることになった。

「ハイファイオーディオの理想に近づく新たな可能性」 ー 注目ヘッドホンサービス「WiZMUSIC」の魅力に迫る!
【特別企画】評論家・山之内正が一部始終をレポート
JVCケンウッドがビクターブランドで展開する音場特性カスタムサービス「WiZMUSIC」。山之内正氏が本サービスの登場意義とその効果をレビュー。よりピュアオーディオ的観点からもWiZMUSICの実力に迫る。

2017年07月13日の更新情報

【製品批評】MAGICO「S1 Mk2」ー 新ユニット採用など大幅刷新で表現力をさらに向上
ダイアモンド・コーティングしたトゥイーターを採用
本日の「製品批評」では、MAGICOのスピーカーシステム「S1 Mk2」を角田郁雄氏がレビューする。

ゼンハイザー「MOMENTUM In-Ear Wireless」レビュー。同社初のネックバンド型ワイヤレスイヤホン
人気モデルがBluetooth対応
ゼンハイザー「MOMENTUM In-Ear」は、高品位なサウンドとデザイン、高コストパフォーマンスが評価され、いまもロングヒットを続けている。その人気モデルがついにワイヤレス化した。「MOMENTUM In-Ear Wireless」をレビューする。

LED光源がもたらす新次元の明るさ。4K DLPホームシアタープロジェクター「HT9050」レビュー
「ColorSpark」技術がDMDデバイスを活かす
LED光源を採用した4K対応DLPホームシアタープロジェクター「HT9050」をレビューする。

2017年07月12日の更新情報

【製品批評】T+A「DAC 8 DSD / AMP 8」 ー 注目ドイツブランドの高品位コンパクトシステム
25年にわたるノウハウを投入
ドイツらしい堅実な製品作りにこだわるブランドとしてT+Aの評価が日本でも高まりつつある。そのエッセンスを受け継ぎ、凝縮したサイズに収めたのが8シリーズだ。

2017年07月11日の更新情報

独自スリーブで極上フィット!完全ワイヤレスイヤホンの実力派、ERATO「MUSE5」レビュー
【特別企画】重低音と鮮鋭なサウンドも両立
“完全ワイヤレス”イヤホンが注目を集める中、米カリフォルニアブランド「ERATO」が投入した新モデルが「MUSE5」だ。「FitSeal」と呼ばれる特許取得のシリコーンスリーブを取り付ける方式で高いフィット感を実現した本機の実力をレビューする。

【製品批評】ヤマハの旗艦スピーカー「NS-5000」ー オーディオ的にも音楽的にも完璧な表現力
伝統と革新が共存する3ウェイ機
本日の製品批評は、石原俊氏によるYAMAHAの3ウェイフロア型スピーカー「NS-5000」のレビューをお届けする。

エソテリックの全てを凝縮した2つの“一体型”。GrandiosoのSACDプレーヤー「K1」&プリメイン「F1」
Grandiosoのセパレートシステムで培った技術を結集
エソテリックがこれまで培ってきたオーディオエンジニアリングの全てを注ぎ込んだ「Grandioso」シリーズに、一体型プレーヤー「K1」とプリメインアンプ「F1」が登場。同社の技術を凝縮した2つの“一体型”のサウンドを検証する。

【実験】ダイソー100円グッズでオーディオの音はどれだけ良くなる? − 剣山登場編 −
評論家が本気で検証
100円ショップ「ザ・ダイソー」で、オーディオアクセサリーとして活用できそうなグッズを買い込んで、色々と試してみました。

2017年07月10日の更新情報

 【製品批評】HEGEL「MOHICAN」 ー 素子の能力を最大に活かした同社最後のCDプレーヤー
技術と音質にこだわりノウハウを全て投入
本日の製品批評は、角田郁雄氏によるHEGELのCDプレーヤー「MOHICAN」をお届けする。

ビクター復活の狼煙 ー「WiZMUSIC」徹底解剖!  プレミアムなヘッドホンサービスの魅力に迫る
【特別企画】ユーザーごとに音場をカスタマイズする注目サービス
JVCケンウッドが復活させたビクターブランドで展開する音場特性カスタムサービス「WiZMUSIC」。測定を行うことで個人ごとにカスタマイズした自然な頭外定位でヘッドホンを楽しめるという同サービスの魅力に、評論家の岩井喬氏が迫った。

2017年07月07日の更新情報

「ハイレゾカラオケ」で “歌い心地” は本当に良くなるか? 実際に体験してきた
「JOYSOUND MAX 2」開発者に聞く
エクシングが発表した、業界初の“ハイレゾカラオケ”「JOYSOUND MAX 2」。「マイク音の応答性がハイレゾ化によって速くなり、歌い心地が向上する」とはどういうことなのか? さっそく取材を敢行し開発スタッフに話を聞くとともに、実際にハイレゾカラオケを体験してきた。

【製品批評】PS Audio「DirectStream Memory Player」 ー 独自の“デジタルレンズ”技術採用のSACDトラポ
ディスク情報をメモリーにバッファーして再生
本日の製品批評は、石原俊氏によるPS Audioのマルチch対応SACD/CDトランスポート「DirectStream Memory Player」をお届けする。

これがUHD BDの最高画質。OPPO ユニバーサルプレーヤー「UDP-205」驚異の実力
【特別企画】音質も他を寄せ付けない
名機「UDP-105D Japan Limited」の跡を継ぐ「UDP-205」が発売された。大橋伸太郎氏がその画質・音質の実力をチェックする。

「現代最先端の音」。RME 20周年記念「ADI-2 Pro Anniversary Edition」最速レポート
本日発売! 768 PCM/11.2MHz DSDだけではない魅力
オーディオマニアにとって、プロ用機器は一種の憧れだ。ドイツのRMEの製品には、そうしたニーズにミートするものが数多い。多機能モデル「ADI-2 Pro」も愛好家にとって使いやすいモデルだが、この度アニバーサリー・エディションが登場した。

2017年07月06日の更新情報

ITライター・一条真人に似合うヘッドホンは存在するのか? ARアプリのパワーで探し出せ!
一条真人の体当たり実験室
ある日ふらりと音元出版へやってきた、ITライターの一条真人氏。なにやら相談があるとのことなのだが…。

着実な進化を遂げた中級AVアンプ 、デノン「AVR-X2400H」。弟機「X1400H」との違いを聴き比べ
「HEOSテクノロジー」も採用
デノンのスタンダードAVアンプ「AVR-X2400H」をレビュー。機能をほぼ同じくする弟機「AVR-X1400H」と比較試聴を行いつつ、サウンドの進化を探った。

【製品批評】ACCUSTIC ARTS「AMPII - MK3」 ー 深く明瞭な“生きた低音”を聴かせるパワーアンプ
細かな改良を重ねた第三世代機
本日の製品批評は、井上千岳氏によるACCUSTIC ARTSのパワーアンプ「AMPII - MK3」をお届けする。

2017年07月05日の更新情報

【製品批評】ELAC「CONCENTRO」 ー エラックの未来を予感させる90周年記念スピーカー
JET+ミッドウーファーと新開発のユニットを搭載
本日の製品批評は、山之内正氏によるELACのスピーカーシステム「CONCENTRO」をお届けする。

VGPダブル金賞! GLIDiC「SE-5000HR」「WS-7000NC」と人気高音質スマホの相性チェック
“モバイルのため”に生まれたブランドの実力とは
モバイルのために生まれたブランド、GLIDiCのイヤホン「SE-5000HR」と「WS-7000NC」。VGP 2017 SUMMERでダブル金賞を果たした両モデルの実力を、高音質スマホとの組み合わせでチェックした。

2017年07月04日の更新情報

エキサイティングなエナジャイザー(2) ― iFI Audio「Pro iESL」テクニカルノート
あらゆる「エレクトロスタティック」をドライブ
エレクトロスタティック型ヘッドフォンをドライブするためのモジュールとして近日日本でも発売が予定されているiFI-AudioのPro iESL。本項では前回に続いてiFI-Audioから届いたテクニカルノートをお伝えする。

【製品批評】PIEGA「Master Line Source 2」−  新リボンユニット搭載の次世代フラグシップ
理想的な音の放射を実現
本日の製品批評は、山之内正氏によるPIEGAのスピーカーシステム「Master Line Source 2」をお届けする。