HOME > レビュー

レビュー

2017年01月23日の更新情報

ハイレゾ新対応のフィリップス「SHE9730」を聴く。高コスパ代名詞“キューナナ”はどう進化した?
従来モデル「SHE9720」との比較も
高コスパの代名詞として君臨してきたフィリップス“9700シリーズ”。ハイレゾ対応モデル「SHE9730」が1月26日に発売される。そのサウンドを高橋敦氏がレビューした。

2017年01月20日の更新情報

【レビュー】14年ぶりのフルモデルチェンジ、DYNAUDIOの新「CONTOUR」を聴く
「CONTOUR 20/30」を試聴
ディナウディオの主力となるシリーズ、コンターがフルモデルチェンジされた。ブックシェルフ型のContour20とContour30を井上千岳がレビューする。

2017年01月18日の更新情報

38シリーズの歴史に残る傑作 ー ラックスマンのCD&プリメイン「D-380/LX-380」を聴く
伝統と最新技術が融合
ラックスマンの通称“木箱シリーズ”より新たに発売された、CDプレーヤー「D-380」と管球式プリメインアンプ「LX-380」。2機種のプロフィールを確認し、組み合わせ試聴した結果をレビューする。

ULTRASONE「Edition 8 EX」を聴く。ハイエンドヘッドホンの代表的モデルがさらに進化
【特別企画】DAVEとの組み合わせも
独創的なアイデアによって数多くのプレミアムヘッドホンを世を発売してきたウルトラゾーン。その最新モデル「Edition 8EX」を山本敦氏がレビュー。ハイエンドヘッドホンの代表格がどのような進化を遂げたのか探った。

2017年01月16日の更新情報

【レビュー】カールツァイス製、15,800円のVRゴーグル「VR ONE Plus」レビュー。段ボール製と何が違う?
名門メーカーが開発した意欲作
カールツァイスがVRヘッドマウントディスプレイを日本でも販売開始した。本機のミニレビューをお届けしよう。

2017年01月13日の更新情報

デノン「DA-310USB」は高級ヘッドホンをどこまで鳴らせるか。4機種と組み合わせテスト
DDFA搭載のフルデジタル・ヘッドホンアンプ
DDFAによるフルデジタルヘッドホンアンプを実現したDA-310USBは、高級ヘッドホンの人気モデルをどこまで鳴らすことができるのか。岩井喬氏がレビューする。

【第175回】音楽の言葉、オーディオの言葉
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
とても近しく深い関係で発展してきた「音楽とオーディオ」において、同じ言葉を使った表現でも意味が異なる場合もあります。今回は改めて音楽とオーディオで使われる言葉の意味を、文字通り「言葉」のみでお届けします。

2017年01月12日の更新情報

ベリリウムドライバー採用の高コスパハイレゾヘッドホン。MSソリューションズ「RIGEL」「BETELGEUSE」レビュー
【特別企画】ハイレゾの実力を引き出すお買い得モデル
約5,000円のハイレゾ対応イヤホンで注目を集めたMSソリューションズから、ヘッドホンも新たにラインナップされることとなった。「RIGEL」「BETELGEUSE」の2製品を折原一也がレビューする

2017年01月10日の更新情報

吸音材の配置で音質はどう変わる? 試聴会「Acoustic Audio Forum」密着レポート!
【特別企画】オーディオファン向け防音工事会社 アコースティックラボ主催イベント
吸音や音の反射はオーディオやホームシアターにとって音質に影響する重要な要素のひとつだ。その「吸音」について実践的に体験できる試聴会「第36回Acoustic Audio Forum」が開催された。同イベントの模様を徹底レポートする。

2016年12月30日の更新情報

Bricasti Design「M1 SE」を聴く ー 現代のリファレンスたる音質を備えたDAC
開発者へのインタビューも収録
岩井喬氏が「そのサウンドに衝撃を受けた」と語るBricasti DesignのUSB-DAC「M1 SE」。開発者であるブライアン・ゾルナー氏が来日した際に伺った開発エピソード、そして「M1 SE」の音質を同氏がレポートしていく。

2016年12月29日の更新情報

トップアスリートも認めたスポーツイヤホン。スカルキャンディー「XTFREE」を使ってみた
【特別企画】編集部員による使用レポも
スカルキャンディー「XTFREE」は、トップアスリートの意見を反映して開発されたスポーツ向けBluetoothイヤホンだ。実際に装着してランニング、その使い勝手も試してみた。

どれを買うべき? パナソニックのUltra HD Blu-rayプレーヤー/レコーダー4モデル画質比較
<連載:折原一也の“いまシュン!”ビジュアルプロダクト>
UHD BDソフトが多数登場した2016年。パナソニックからはプレーヤー/レコーダー4機種が登場し、選べる環境が整った。再生画質にどれだけ差があるのか、横並びで比較した。

2016年12月28日の更新情報

ラズパイオーディオのケースはどうする? DACボード「Terra-Berry」専用ケースを検証
海上忍のラズパイ・オーディオ通信(23)
ラズパイ・オーディオでは、必ず「ケース」をどうするかという壁に突き当たる。「Terra Berry」専用ケースを例に、問題をどう乗り越えるか考えてみたい。

24bit高音質放送を行う“音楽専門ラジオ”ミュージックバード。今後の注目番組をスタッフが解説!
【特別企画】アナログからハイレゾまで多彩な番組をオンエア
音楽専門の衛星デジタルラジオ「MUSICBIRD(ミュージックバード)」では、既報の通り1月よりe-onkyo musicとコラボしたハイレゾ楽曲紹介番組を、通常の16bitよりも高音質な24bit放送で開始する。そのほかの24bit放送や、オーディオファン向けチャンネル「THE AUDIO」でのオンエアなど、今後の注目番組をプロデューサーが解説してくれた。

アナログレコードのUSB録音、カートリッジ変更はどれだけ音に “効く” のか?
<山本敦のAV進化論 第119回>
今年アナログレコード人気が更に高まり、オーディオテクニカからはVM型カートリッジが一気に登場。同時期に発売したレコード音源をUSB録音できるプレーヤーを使用して、デジタル音源でもカートリッジの違いが反映されるかを試してみた。

ワイヤレスvs有線!年末年始のお供に向いてる“総合力の高い”ヘッドホンはどっち?
AKGヘッドホン2機種で検証
2016年も残すところあとわずかですね。みなさんは年末年始どのように過ごされますか? 一年をいい気分で締めくくり、新たな気持ちで新しい年を始めるのにぴったりのヘッドホンについて、編集部員が語り合います!

2016年12月27日の更新情報

【年末特別企画】記事アクセスランキングで振り返る2016年<9月〜12月>
2016年のオーディオビジュアル界隈も色々な話題がありました。年末特別企画として、反響の大きかったニュース記事をランキング形式でご紹介!月間アクセスランキングを基に編集部員2名が今年を振り返っていきます。今回は9月〜12月の話題をお届け!

サウンドに宿る“フィリップスらしさ”。Bluetoothイヤホン「SHB5950」レビュー
付け心地にもこだわった
フィリップス「SHB5950」は、ソフトラバーネックバンドを採用することで装着感を高め、ワイヤレスの快適さをとことん追求したBluetoothイヤホンだ。本機の実力を海上 忍氏がチェックした。

オーディオテクニカ新VMカートリッジ & 人気アナログプレーヤー6機種スクランブルテスト!
【特別企画】シリーズごとの最適プレーヤーを探る
オーディオテクニカの新VMカートリッジと、人気のアナログレコードプレーヤー 6機種をスクランブルテスト。ベストマッチな組み合わせを岩井喬氏が探った。

2016年12月26日の更新情報

【レビュー】JVCの“人工熟成”ウッドコーンスピーカー「SX-WD9VNT/WD7VNT」を聴く
「驚くほど空間描写のスケールが大きい」
料理の世界では「熟成食材」がブームだ。JVCの“ウッドコーン”シリーズも「熟成」をキーワードにスケールアップした音の旨味が体験できるラインナップがある。スピーカー「SX-WD9VNT」と「SX-WD7VNT」だ。2機種を山本敦氏がレビューした。

ZONOTONEのいまを代表する3シリーズから探る、ケーブルの理想像とは
【特別企画】最新「RoyalSpirit」から最高峰「Shupreme」まで
長年にわたる豊富なオーディオケーブル作りの経験と技術、確固たる音作りのポリシーのもと、エントリーから最高峰まで多彩なラインアップを誇るゾノトーンから、ブランド設立10周年記念シリーズが登場した。これまでの代表的シリーズと対比しつつ、ゾノトーンが求めるケーブルの理想を展望してみよう。

【年末特別企画】記事アクセスランキングで振り返る2016年<5月〜8月>
2016年のオーディオビジュアル界隈も色々な話題がありました。反響の大きかったニュース記事をランキング形式でご紹介!前回の1月〜4月に続いて、今回は5月〜8月の話題をお届け!

スポーツ、アニメ…BenQホームシアタープロジェクター「HT1070」で好きなものプレゼンバトル!
【特別企画】大画面なら楽しさ伝わる
自分の好きな作品を誰かと共有したいことってありませんか? そこでスマートに大画面を用意して、アピール上映会を実施しました。

MSソリューションズから新星現る。“A5千円イヤホンの決定版”の上位機「ALTAIR」をレビュー
【特別企画】Bluetoothレシーバーも登場
MSソリューションズが今年3月に発売した、約5,000円のハイレゾ対応イヤホン「極の音域 Hi-Res ALDEBARAN(アルデバラン)」。そんな同社が新たに上位モデルとなるイヤホンや、Bluetoothアダプターを発売。期待を膨らませながら試聴した。

2016年12月22日の更新情報

KEF「LS50 Wireless」の実力をチェック ー スピーカー銘機をアクティブ化&Wi-Fi内蔵
【特別企画】ネットワーク/USB-DAC再生機能を内蔵
KEFの人気スピーカー「LS50」が、アンプ内蔵のアクティブスピーカー「LS50 Wireless」として登場。Wi-Fiやネットワーク再生機能、USB-DACまでを内蔵した本機の実力を土方久明氏が検証する。

ハイコスパで人気のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ、Soundfort「DS-200/DS-100+」を試す
手頃な価格で確かな音質を実現
熟練の日本人技術者が開発・設計しているハイコスパブランド“Soundfort”。ネット上でも人気の低価格なUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「DS-200」「DS-100+」をレビューする。

オーディオテクニカの新VMカートリッジ、「針交換」できる魅力とその活用法を徹底解説
【特別企画】シリーズを超えた組み合わせテストも
オーディオテクニカがVMカートリッジのラインナップを刷新。特長のひとつが「針交換に対応」した点だ。この「針交換」をいかに活用すればいいのか。炭山アキラ氏が徹底レポートした。

JVC “SOLIDEGE”「HA-SD7」レビュー。「高解像かつキレのある」ヘッドホン
新レーベル「N_W」の第三弾モデル
JVCの新レーベル「N_W」第3弾として登場したヘッドホン。「SOLIDEGE」シリーズとしてもカテゴライズされる「HA-SD7」をライターの高橋敦氏がチェックした。

GIGA MUSIC独占先行配信!ハイレゾで歌謡曲の懐の深さに包まれる「新沼謙治全曲集 ふるさとは今もかわらず」
連続企画:日本コロムビアのハイレゾ音源レビュー
音楽配信サイト「GIGA MUSIC」にて、名門・日本コロムビアが擁する選りすぐりの未ハイレゾ化音源が、続々とハイレゾで登場することとなった。しかも独占先行配信。Phile-webではこのハイレゾ音源を連続レビューする企画をスタート。今回はデビュー40周年を越えて現役のふるさと歌謡のプリンス・新沼謙治についてお届けしよう。

【年末特別企画】ニュースアクセスランキングで振り返るPhile-webの2016年<1月〜4月>
オーディオビジュアル分野には今年も色々な話題がありました。今年もやります、年末特別企画。反響の大きかったニュース記事をランキング形式でご紹介!

【第174回】高橋敦の“超”個人的注目アイテムランキング『ポタフェス2016冬』編!
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
今年を締めくくるポータブルオーディオイベント「ポタフェス2016冬」が開催。個人的に気になった注目アイテムをいつもの“ランキング風”のアレで紹介していきます。

2016年12月21日の更新情報

【レビュー】JVC新レーベル「N_W」第一弾イヤホン“SOLIDEGE”「HA-FD7」を聴く
高橋敦が音質傾向をチェック
JVCが新たに提案する新レーベル「N_W」の第一弾として登場したイヤホン「HA-FD7」。同機の音質をライターの高橋敦氏がさっそくチェックした。

2016年12月20日の更新情報

スピーカーの設置位置に“正解”はあるのか? 試聴会「Acoustic Audio Forum」に記者が潜入!
【特別企画】“音楽家のための防音工事会社”アコースティックラボ主催
オーディオ機器、とりわけスピーカーの設置方法は音質にも影響を与える。セッティングの違いで実際に音はどう変わるのか? それを体験できるイベントが開催された。オーディオファン向けの物件を数多く手掛ける防音工事会社「アコースティックラボ」が開催した、「第35回Acoustic Audio Forum」だ。