美少女課金システムの価値を探る
3日間しか記憶のもたない美少女AI「古瀬あい」と過ごした4日間をレビュー。
[2017年04月26日]
【特別企画】音質と使い勝手を検証
コウォンのハイレゾプレーヤー「PLENUE」に新モデル「PLENUE 2」が登場した。シリーズ初のAKM製DAC採用機の音質傾向とは? ライターの高橋敦氏が音質と使い勝手を徹底チェックした。
[2017年04月26日]
アプリと使ってシーンに合わせた音質選びも可能
B&O PLAYブランドから新たに登場したBluetoothヘッドホン「H4」。現代のライフスタイルにマッチするスタイリッシュで美しい外観と音楽と人の距離を近くする臨場感ある音質を両立する本機をレビューする。
[2017年04月26日]
その登場背景とは?
iFi-Audioのマーケティング担当 ヴィンセント・ルーク氏が同社初の“デジタルハブ”「nano iOne」を解説!その詳細や登場背景などを語る。
[2017年04月25日]
人気フォノEQが最新モデルへ進化
「あれ? これ新しいの?」と新しくなったiPhono2を手にとって率直な感想を述べる田中氏。ブランド設立3年ほどにも関わらず圧倒的なコストパフォーマンスで人気を集めたiFIオーディオのフォノEQ、iPhonoを高く評価した田中氏に「iPhonoが新しくなって“2"になるんですけど、興味がありませんか?」と連絡すると「ぜひ」との返事が。
[2017年04月25日]
さまざまな音を持つ「万能アンプ」
iFIオーディオのiTubeが「iTube2」へと進化した。iTube2は初代機と同じく1系統の入出力を持つ真空管式プリアンプ/バッファアンプである。ただし、いくつかの点が大きく変更されている。
[2017年04月25日]
<山本敦のAV進化論 第130回>
「Netflix」と「Amazonプライム・ビデオ」は海外でも比較的利用しやすいと聞く。その実際をチェックしてみた。
[2017年04月25日]
海上忍のラズパイ・オーディオ通信(28)
筆者・海上忍プロデュースによるDACボード換装対応Raspberry Pi用オリジナルケースと並行し、4.4mmバランス接続も視野に入れたDACボードの開発を進めている。今回はその仕様について紹介する。
[2017年04月24日]
【特別企画】向上したポータビリティ
ボーズの人気Bluetoothスピーカー「SoundLink Color」が、防滴性能を備えたカラフルなシリコンボディに進化した。早速、そのサウンドをチェックしたい。
[2017年04月24日]
オーディオテクニカ「ATH-BT08NC」を使ってみた
新生活が始まって数週間。音楽を聴くのはもちろん、通勤や通学、勉強やスキルアップにも活躍してくれるオーディオテクニカのノイキャン&ワイヤレスイヤホンをレビューします!
[2017年04月24日]
早くもベストセラーの予感!?
iFI-Audioが展開する製品は実に幅広い。 そのiFI-Audioが新たに提案してきたアイテムが「nano iOne」。同じ「nano」シリーズである「nano iDSD」「nano iCAN」などと見比べるとボリュームノブが見当たらない。このモデルはヘッドホンアンプやプリアンプの機能は持たずライン出力に特化しており、「純DAC」とも表現できるものなのだ。そしてDACとしてのスペックやクオリティはもちろんiFI-Audioが誇るそれだ。最大PCM 192kHz、DSD 12.4MHz、384kHz DXDにまで対応する
[2017年04月21日]
【特別企画】進化のポイントを探る
英国のCHORD ELECTRONICSから最新のヘッドホンアンプ「Hugo 2」が登場した。前機種「Hugo」と比べてどこが変わったのか。その実力をうまく引き出すテクニックなどを検証してみよう。
[2017年04月21日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ