HOME > レビュー > アルカリ電池とマンガン電池、目をつぶって見分ける方法とは?

【連載】ガジェットTIPS

アルカリ電池とマンガン電池、目をつぶって見分ける方法とは?

2023/01/24 海上 忍
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アルカリ電池とマンガン電池、どう使い分けていますか? パワーと持久力ならアルカリ電池、リモコンのような小電力機器で使うならマンガン電池、という答えが返ってきそうですね。

Image:mariva2017/Shutterstock.com

では、アルカリ電池とマンガン電池をどう見分けるかという質問にはどう答えますか? 外装を見て……確かにそれが一般的かつ確実な方法です。しかし、外装を見ることなく、しかも目をつぶってでも見分けられる方法があると聞いたら、驚くかもしれませんね。

その方法とは「磁石」。磁石にくっつけばアルカリ電池、くっつかなければマンガン電池と判断できるのです。同じ単三サイズのアルカリ電池とマンガン電池でも、磁石がひとつあれば目をつぶっていても違いがわかるというわけです。

理由はシンプルで、乾電池の外ケースの材質が磁性を持つかどうかということ。大半のアルカリ電池の外ケースは磁性を持つ鉄ですが、マンガン乾電池の外ケースは磁性を持たない亜鉛製、だから磁石がくっつきません。本当かどうか、近くにある乾電池で一度試してみては?

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE