HOME > レビュー > 老舗メーカーのサウンド哲学が光る。ナチュラル音質でオススメのイヤホンは?【完全ワイヤレス特集】

PART.5「ハイファイを追求する専業ブランドを選ぶ」

老舗メーカーのサウンド哲学が光る。ナチュラル音質でオススメのイヤホンは?【完全ワイヤレス特集】

2022/11/30 プレミアムヘッドホンガイド編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

芸術の秋。毎日の生活はもちろん、旅行や夜長のお供に。完全ワイヤレスイヤホンの注目作をピックアップしました。あなたにぴったりのアイテムをこの特集で探してみてください!




オーディオは奥深いもので、スペックの数値や周波数特性カーブを整えただけでは、アコースティック楽器の美しい音色や、ホールの演奏を聴いているような音場の広がりを表現することは困難です。ナチュラル系のサウンドを求めるなら、この課題にずっと取り組んできた、音づくりに哲学のある、老舗オーディオブランドのアイテムを選ぶべきです。

老舗の音作りの哲学が生きたサウンド

DENONFINALTECHNICSVICTORといった伝統のある日本ブランドや、パーフェクトサウンドの求道者、SENNHEISERといった欧州ブランドはその最右翼。いずれも独自設計のドライバーや音響構造を持っていて、自分たちが掲げる「理想の音」と、真摯に向き合っていることが窺い知れます。


「一音一音を明瞭に」


FINAL「ZE3000」

FINAL「ZE3000」直販サイト価格¥15,800(税込)
最先端の音響工学や音響心理学を駆使して「オーディオを科学する」、FINALが辿り着いた、完全ワイヤレスイヤホンの新定番。独自のドライバーや音響構造によって徹底的に歪み対策を施して、一音一音を明瞭に聴き取れるようにチューニング。ナチュラルで広がりのある音が持ち味です。



「コンパクトながら本格派」


TECHNICS「EAH-AZ40」

TECHNICS「EAH-AZ40」参考価格¥16,000(税込)
独自の音響構造を備えた、新開発の一体型ドライバーを搭載。自然な音色は、さすがテクニクス。小さな耳にもスッキリと収まるコンパクトなボディと、選べる3つのカラーも魅力です。独自の「JustMyVoice」テクノロジーで通話も高品位。アップデートでマルチポイント接続に対応しました!



「サウンドマスターが監修」



DENON「AH-C830NCW」
DENON「AH-C830NCW」参考価格¥16,500(税抜)
数々の高級ハイファイオーディオの開発を手がけてきた、デノンが誇るサウンドマスター、山内慎一氏がチューニングを手がけたイヤホン。専用設計の11mm×10mm楕円形ドライバーを搭載。弦楽器の音色の艶やかさ、音場の広さは圧巻。ノイキャン搭載で静けさのなかに高音質が際立つ逸品です。



「高音質技術を惜しみなく」



SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 3」
SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless 3」公式サイト価格¥39,930(税込)
自社開発・自社生産の「高性能TrueResponseトランスデューサー」、音響構造にはプレミアムイヤホン「IE 600」のノウハウを惜しみなく投入。Bluetooth接続のためのチップセットのほかに、ノイキャン制御とDACの機能を司るプロセッサーを搭載するなど、音質を妥協なく追求したアイテムです。



「ウッドの美しい音色」



VICTOR「HA-FW1000T」
VICTOR「HA-FW1000T」直販サイト価格¥39,600(税込)
ビクター独自の大口径11mmウッドドームカーボン振動板を搭載した、プレミアムイヤホン。K2テクノロジーによって、あらゆる音源をハイレゾ相当の高品位なサウンド。ウッドならではの声や楽器の美しい音色が持ち味。ウッドパネルに触れながら、ボリュームを細かく調整できるのも楽しいです。



※この記事は「プレミアムヘッドホンガイドVOL.28」に掲載された、完全ワイヤレスイヤホン特集に一部、加筆・修正を加えた内容になります。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE