HOME > レビュー > 家族でエンタメを楽しむスマートシアター! 特注のサウンドスクリーンで大画面と作品への高い没入感を両立

ホームシアターCHANNEL 連携企画

家族でエンタメを楽しむスマートシアター! 特注のサウンドスクリーンで大画面と作品への高い没入感を両立

2022/10/03 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■リビングシアターCASE39

「ホームシアターCHANNEL」では、ホームシアターファン必見の実例を随時紹介しています。今回ご紹介するのは、「家族が憩うリビングは思いきりエンタメに振り切りたい!」という要望から誕生した、4K/120インチ&5.1.2chのスマート大画面シアターです。

ふかし壁のサイズに合わせて特注した119インチのサウンドスクリーンを導入し、画面だけに集中できる環境に加え、画面と音像の一致を実現。映像作品への没入感を高めたことが特徴です。家族のつながりを感じながらも各々が自由にくつろげるよう、ソファはパーソナルタイプをチョイスしています。デザインとクオリティのバランスが巧妙に整えられたリビングシアターと、随所に光るプロの技に注目です。

スピーカーは天吊り設置できるイクリプスで統一。デザインと音のバランスを整えるため、インストーラーの手によってミリ単位の調整が施されています。


インストールを手がけた前越電化社(Lavi Style)の前越雅一氏。

>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE