HOME > レビュー > 自然素材の意匠と共存するリビングシアター! 天井高4mの開放的な空間で5.1chサウンドをじっくり満喫

ホームシアターCHANNEL 連携企画

自然素材の意匠と共存するリビングシアター! 天井高4mの開放的な空間で5.1chサウンドをじっくり満喫

2022/09/28 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■リビングシアターCASE38
「ホームシアターCHANNEL」では、ホームシアターファン必見の実例を随時紹介しています。今回ご紹介するのは、米松や漆喰などの自然素材がふんだんに使用された住まいに、オーディオ好きのオーナーが納得するハイクオリティを備えた癒しのリビングシアターです。

ホームシアターとオーディオルームを共存させることを思い立ったのは、上棟後、内装工事が間もなく始まろうというタイミングだったそうです。それにも関わらず、4K/120インチ&5.1chシステムが、天井高4メートルの開放的あふれる空間に見事に導入されています。自然素材を吟味した内装とマッチする、こだわりの機器選定に注目です。

ホワイトカラーが目を惹くKEF「R700」を中心に組まれた5.1chシステム。リアスピーカーは壁掛けタイプをチョイスしています。


インストールを手がけたステックスの加藤 潤氏。
>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE