HOME > レビュー > 新築で5.1.6chを実現したドルビーアトモス・シアター! 天井高3メートル、抜群の開放感で立体音響を堪能

ホームシアターCHANNEL 連携企画

新築で5.1.6chを実現したドルビーアトモス・シアター! 天井高3メートル、抜群の開放感で立体音響を堪能

2022/08/08 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■リビングシアターCASE35
「ホームシアターCHANNEL」では、ホームシアターファン必見の実例を随時紹介しています。今回は、抜群の開放感を味わえる天井高3メートルのリビングへ、黒の諧調表現が豊かな有機ELテレビを据えるとともに、天井に6本のスピーカーを構え、スタイリッシュな5.1.6chを実現させたドルビーアトモス対応のリビングシアターをご紹介。


テレビ下の造作家具は中に収める機器はもちろんのこと、フロントスピーカーの設置位置などを勘案して設計されています。
グレー&ブラックを基調とした内装を損ねないのはもちろん、理想的な立体音響を実現する機器設置の工夫や、配線をきれいに隠蔽する造作家具など、随所に光るプロの技にも注目です。


インストールを手がけたアバック新宿本店の栗原 淳氏。
>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE