HOME > レビュー > 機器もインテリアもホワイトで統一したリビングシアター!

ホームシアターCHANNEL 連携企画

機器もインテリアもホワイトで統一したリビングシアター!

2022/08/03 ホームシアターファイルPLUS編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
■リビングシアターCASE34
「ホームシアターCHANNEL」では、ホームシアターファン必見の実例を随時紹介しています。今回ご紹介するのは、機器をはじめ、プロジェクターの取り付け金具に至るまで、できるかぎりホワイトカラーに統一することでリビングのインテリアに見事にマッチした、オールホワイトのリビングシアター。奥様から提示された「インテリアの一部としてきれいに収まること」という要望を、プロが叶えました。

4K/120インチと5.1.2chを実現したリビングシアター。スクリーン下の造作ラックには、AVアンプやサブウーファー、センタースピーカーなどの機器類が美しく収められています

機器を収納している造作家具は、設置する機材のサイズに合わせて緻密に設計し、インテリアと調和するようデザインや色、材質にまでこだわる徹底ぶり。ケーブルもきれいに隠蔽された美しいリビングシアターと、細部まで行き届いたプロの技に注目です。

インストールを手がけたアバック新宿本店の、左からインストーラーの栗原淳氏、営業担当の松本弘典氏、家具担当の関口彰洋氏

>>つづきは「ホームシアターCHANNEL」で!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE